2020年1月30日木曜日

戻り局面。

日本株より米株の戻りが大きいですね。
米国では新型コロナウィルスによる感染リスクを警戒する向きは少ないようで、
日本のような不安と緊張が蔓延するという感じじゃないみたい。

日本の都市部は地下鉄、バスなど交通インフラが充実しているため
移動時の感染リスクを警戒する向きが多いですが
米国は自動車社会なので、むしろこの影響で原油が下落し
ガソリン価格が低下したことを好感すると考える向きもあるようです。
確かに今年は米大統領選挙、米国経済のGDP比率が大きい個人消費が
ガソリン高によって冷え込むリスクはないというのが現状の見方。

とはいえ、まだ春節も明けていませんし(延長された)
春節明けの中国株の動向も未知数である今、買い参戦は怖い。。。。
といいますか、昨日のブログに書いたようにダウが28850ドルを超えてきたので
追随売りを仕掛けております…💦

28855ドル、28890ドル増し玉ショートです。。。
ダウは今日の上昇で、今回の下落時につけたギャップをほぼ埋めています。

日経平均の方はというと、、、窓埋めするほど上昇してこないので手が出ず。
新規ポジションはなし。

それから今夜はFOMC
仕事明け帰宅、あと1時間ほどで発表になるのですが
明日早いので待っていられません。
お風呂入ったりしなきゃ。

しかし、今回のFOMCの注目は昨日出たこの記事。

FRBのリセッション対策:国債利回りに上限
https://jp.wsj.com/articles/SB11756598984438514912204586167503203421480

・ジェローム・パウエルFRB議長
「短期債のイールドカーブ・コントロールは検討に値する」

アドバルーン的な記事。

米国も日銀をまねてイールドカーブコントロール政策を採用するのか。
それって、長期債利回りをほぼゼロに固定するってことです。

リスク資産は上がるでしょうねぇ、、、。
低金利政策を続けますって後ろ盾が得られたら。

これが米株を押し上げていると思われますが、まだFOMC前です。。

ひょっとしたら爆上げするリスクでもありますので、
29050ドルを超えたら全部やめるようストップを置いておきます。

豪ドル円、ポンド円ショート、日経ショートも継続です。

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】





※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社