2020年1月31日金曜日

う~ん、142.17円のポンド円ショートポジションは
BOE会合の結果を受けて消滅。
一時141.26円まで下がっていたんだけどなぁ、、、、
会合前に手仕舞っておけば良かった。
コストで消滅なので損失はないのですが。

まずは今夜のBOE 英国の金融政策会合。

予想通りの金利据え置きですが、何故ポンドが急騰した?!

それは、、、
事前に利下げの織り込みが高まっていたため
売りが溜まっていたため、、、でしょう。

今年、1月に入ってから
1月9日、カーニー中銀総裁が、利下げの匂わせ発言を行い、
10日にはMPCのテンレイロ委員が利下げを指示、
13日にはMPCのブリハ委員が、
昨年12月の総選挙以降も景気に改善の兆しが見られない場合、
利下げに支持票を投じると発言するなど
立て続けにハト派的メッセージをマーケットに送ったのです。

実際、11月の鉱工業生産指数とか、製造業生産高などの数字が軒並み悪化、
12月の英国の12月小売売上高が11月に続いて2カ月連続のマイナスで
(予想が前月比 +0.5%のところ、なんと▼0.6%)
今回30日のMPC(会合の名前)での利下げ確率が75%程度まで
上昇する局面がありました。これは利下げで決まりだろうという
ムードが蔓延したのですが、、、

ただ、その後英四半期CBI製造業ビジネス楽観指数とか
普段あんまり注目されない経済指標が
前期の▼44%から+23%に大幅改善となったことなどを受けて
利下げ観測が一気に後退するなど、事前の思惑はブレにぶれまくって
いたんですけどね。
ただ、私のようにショートで会合を迎えた向きが多かったことが
ショートカバーを招いたということなのでしょう。

ポイントは利下げ派が2名しかいなかったこと。

BOEのメンバ―は9名。

7対2で据え置きが優勢だったんです。

今月に入って、あれだけ市場に利下げの匂わせやっておいて
何よそれ。

でもね、声明では
「限定的かつ緩やかな引き締め」ガイダンスを削除しており
「インフレ率は21年末まで目標下回る」と成長見通し引き下げていますので
ポンド円はまた下がるだろう!
142.48円で、再ショートエントリーですヽ(`Д´)ノプンプン

***********************

それと、30日のFOMC、米国の金融政策ですが

株2万3000円割れ FRB、「隠れQE」終わりの始まりを意識
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL30HM5_Q0A130C2000000/

タイトルが気になりますねぇ。

予想通りの政策金利据え置きですが、
昨年10月からスタートした
短期レポ市場での金利の急上昇を抑えるために行っている
短期国債の購入(資金供給プログラム)について
「金融機関の準備預金の水準が今年4~6月には適正になる」
との見方を示し、少なくとも4月までは継続する方針を示しました。

このこと自体は、マーケットフレンドりーですが、
ポイントはここかな。

☆彡金融機関の超過準備預金に付く金利(IOER)を0.05%引き上げ
1.60%としました。

これが、足下の米長期金利(1.58%)を
上回る水準であることがポイントで
「市場から準備預金に資金を移すよう促す金融当局のメッセージ」
との見方が。つまり引き締めを連想させるということね。

隠れQEは4月まで続けるけれど、
あまり調子に乗ってリスク資産を買ってくれるな、
と言いたいのでは、、、と受け止めたマーケットは
調整色を強めています。

新型コロナウィルスの拡大で景気の停滞のリスクも
じわじわと広がっていますしね。

ということで、ダウショート、日経ショートは継続です!
もちろん豪ドル円ショートも継続ですが
今日は73.36円で売り増ししています。

ダウ平均CFD29164ドル、28855ドル、28890ドルS
日経平均CFD23796円S
豪ドル円75.80円、73.36円S  
人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】





※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社