2020年3月19日木曜日











大変なことになってきました・・・・。

原油が下げ止まりません。
今日1日でなんと25%も下げています。
20ドル大台すらサポートできるのか怪しくなってきました。 

こうしたリスクを背景に
VIX指数も高止まりのまま、むしろ高値を更新してきました。



VIXが高い状態のまま、リスク資産が底入れして上昇を
続けることはありません。
このボラでは新規に買うことも売ることも許されません。

そういうルールです。
リスクパリティの売りがでるばかりですね。

ということで、換金売り、レパトリでドル独歩高です。
キャッシュ化するわけですから、現金が必要。

ところがこのキャッシュが不足していて、ドル調達コストも高い。
そして資金調達に困る企業が出てくると破たんリスクが高まり、
破たんリスクがあるような企業には資金を出したくないという
悪循環が生じて信用リスクに発展していくわけです。

そうならぬよう、流動性供給をやっているんですが
とうとう米国債まで売られ始めたところを見ると
この危機を抑え込むことが出来ていないようです。

今夜も米株市場ではCB発動したようですが

現在ダウ平均は2000ドルを超える下落、
2万ドル大台割れで推移してます。
それなのに、米国債まで売られているんです。

※米10年債利回り 利回り上昇=債券価格下落


ということで、ゴールドに続いて米債まで売られ
ドルに資金が集中。ドル独歩高です。

※通貨インデックス一覧

 
ちょっと行きすぎな気もしますが
それでもまだVIXが高止まりなので、出来心で
ドルショートポジションは作りたくないですね。

こちらはドルインデックス週足

3月に入ってからの2週間でどれだけドルが強いかがわかりますね。

VIXがピークアウトしないことには
リスク資産を買うのは止めておく。

米債は、今回のショックで上がり過ぎた分、
3月のリバランス時期に大きくなり過ぎた米債ポジションを
減らすオペレーションをしているところもあるでしょう。
そういうテクニカル的な背景によるものでしたら
それほど心配はいりません。

ところが、これがトランプ大統領の給与税にみられるように
巨額の財政出動による米国赤字の拡大と米債格付けを嫌気した
米債売りだとすると、これはマズイ。

金利の急騰はあらゆる市場を崩壊させるでしょう。。

皆長い間、低金利で借金して投資してきたんだもの。

ということで、ドルロングポジション継続ですが
まだインデックスなどの買いは考えていません。
人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】






そして、為替でドルロングポジションを作っておくといいでしょう。
これがどこまで行くのかわかりませんが、、、

ポンドドルと豪ドルドルのショートは継続です。

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社