2020年3月5日木曜日

3月3日のFRBの緊急利下げにも米株が下げ止まらなかったことで
「緊急利下げ」の効果がない?!と不安が募りましたが
何故か今日4日の米国市場、株上がってます。

今日は番組にエミン・ユルマズ氏にお話しを伺ったのですが
エミンさんは、そもそも新新型コロナウイルスが米株急落の主因ではなく
民主党予備選でのサンダース氏の躍進がトリガーだった可能性が強いと指摘。

3日のスーパーチューズデーではサンダース氏がさらなる躍進、、、とはならず
アーカンソー、アラバマ、オクラホマ州など9つの州がバイデン氏
カリフォルニア州を含む4つの州がサンダース氏勝利と
バイデン氏が巻き返してきたことを好感したため
4日の米株市場が落ち着きを取り戻し、上昇しているという見方も。
もちろん、利下げの効果もないわけじゃありませんが。

サンダース氏がいかにウォール街から嫌われているか、ってことでもありますが
学生ローン無償化とか国民皆保険などの実現のための財源は
富裕層や企業への課税。

また気候変動に対処するため、米国シェール層のフラッキングの禁止を求めていたりと
原油の純輸出国となった米国の力を削ぐリスクがあるため
株式市場は大きく反応した、、、という見方にできますが、
これまでの米株がやっぱり高すぎたということもあるのかな・・・・。

今夜はISM非製造業景況指数が 57.3 と(予想:54.9)より良かったことや
2月ADP全米雇用報告も +18.3万人と(予想 +17.0万人)より良かったこともプラス。

AM2:30現在ダウは500ドル高で推移しています。
一時700ドルくらい上がっていましたね。。。
ほんとボラタイルな日々。

トランプ大統領はFedの緊急利下げ後もさらなる緩和と利下げを
呼びかけていますし、米国にはまだ利下げ余地もQE再開というカードも残っている。
(その余地は決して大きくはないですが)

と考えれば、暴落のフェーズは一服でしばらくは24500~27500ドルくらいの
レンジ相場となるのかもしれません。てか、3000ドルレンジって凄いよね💦
ただ、そのレンジも日に日に収束していくものと思われます。
ボラが低下すれば、再びドル円は上昇できると思いますが、
まだボラが大きいので、ドル円も下げ止まったとは言い難いですね。。。

昨日の緊急利下げ後急騰したユーロドルに飛び乗って失敗しました。。。
欧州時間にプラスになったところで逃げればよかったものを、逃げそびれ
1.1140ドルで損切しました・・・・(´;ω;`)
今回のエントリー下手すぎた(反省)

仮に株式市場が暴落のフェーズから揉みあいに入るなら
下落していたドル円も下げ止まって、上昇してきたユーロドルも上昇一服で
こちらもレンジ入りするのかも知れません。

ユーロドル、抜けて欲しかった週足の下落トレンドは
レジスタンスでやっぱり阻まれました。
抜けたように見えたのはダマシだったか?!

ダマシだったとすれば、ここから大きくユーロ売りが始まる可能性も。
12日のECB理事会控え、やはり利下げ、緩和の思惑が
ユーロ売りを加速させるかな🤔

ということでユーロ買いは最後っ屁掴んで失敗。
頭を冷やします。売りに変えようかな・・・。

また、今月は世界が利下げに動いているので
さらに難しい。
昨日3日の豪州、米国に続いて今日4日はカナダが利下げを実施。

◆カナダ中銀、政策金利0.50%下げ1.25%に◆

2015年7月以来5年ぶり利下げ
カナダ銀は2015年7月の会合で政策金利を0.50%に引き下げ、
17年から利上げしてきましたが 1.75%で1年超据え置いてきました。
これを一気に0.5%引き下げましたが、米国より金利高いんですね。

「必要ならさらに金融政策を見直す用意がある」と追加利下げも示唆しており
まだ下げるかもしれません。

そして、今月はこの先

12日ECB 利下げ、QE拡大、TLTRO強化などが予想されています。
18日FOMC もう緊急利下げやっちゃったけど場合によってはQE再開も。
19日日銀 ETF購入金額引き上げ? マイナス金利深堀はリスク大で手詰まり感。

ということで、まだまだ世界同時緩和大会は続きます。

だから、どの通貨がさらに弱いのかを考える相場なんですが
あまりに目まぐるしくて予想が難しい・・・。


そしてこれはドル円の週足。
三角持ち合いのレジスタンス超えは見事なダマシで
その後の下落がきつかった。
そうはいってもまだ三角レンジの中での推移。



ドル円107.51円ショートはまだ継続していますが、、、
株の暴落が止まって、ドル円も再びレンジ内で小動きとなる可能性も視野に。
人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社