2020年3月24日火曜日

週末のNY州の外出禁止令が効いたのか、
それともトランプ政権の巨額の新型コロナウイルス対策の財政政策が
東京時間オープン前の時間帯に米連邦議会で否決されたとの報道を嫌気したのか、
CMEの日経先物がなんと一瞬 15060円まで暴落する瞬間が。
15000????円。現物市場ではこの価格はついていませんし
大証先物でもついていない幻の価格ですが
この時ダウ先は、CB発動していましたので、その影響かと思われます。

どうも民主党はボーイングなどの大企業支援が気に入らないようで。
今そんなこと言ってる場合ちゃうやろ、、、ってのはどの国も同じね。
日本は桜に森友アゲイン。
一国も早い財政政策が求められているのに。。。

それでも米国は日本と比べれば早いはず。
もちろん、このウイルス景気刺激策は修正し再度議会へ。
現時点ではまだですが、、、、。

22:00くらいにムニューシン財務償還が「合意は非常に近い」と
発言していますが、万が一の事態に備えたのでしょうか。

突然FRBが「MBSの無制限購入」を発表。

FRB、量的緩和を無制限に 資金供給を大幅拡大
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO57131090T20C20A3MM8000/
・MBS住宅ローン担保証券や米国債を 当面 無制限購入
・ABS購入(消費者ローンや中小企業向け融資を担保とした資産担保証券)
=クレジットカードや自動車ローンなどの資金繰りを支援する仕組み
 家計向けのローンに金利上昇などのしわ寄せが及ばないようにする
  
これで、瞬間ドルがドーンと下がってダウ先、日経先物など
株価インデックスが急伸する局面がありました。

ところが、これが全然継続できず、あれよあれよという間に行って来いに。

ドル安も瞬間でした、足下は再びドル高です。

これだけやっても、なぜかドル不足が解消されないってのは
マインドがあまりに悪いということでしょう。

今日はなぜか、寄り付き前に酷い急落を見せた日本株でしたが、
東京時間では日経平均が上昇。

日銀のETF買いは2004億円。先週木曜19日も同額購入。
連日日銀が2000億も買えば下がらないでしょう、、、という話もありますが
今日は、日経平均寄与度の高いソフトバンクがストップ高。

ソフトバンクG、4.5兆円の資産売却-最大2兆円の自己株取得へ
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-03-23/Q7MR2JT0AFBA01

これ、平常時ならド級のインパクトになるはずです、、、
だって、4.5兆円規模のレパトリが起きる可能性があるって話でしょ。
資産を売却して、その資金で自社株買いするって言うんだから。
少なくと自社株買いの2兆円分は円に換えられるはず。。。。

為替市場ではどう考えてもドル円円高要因です。

と思ってしまって、夕方、ドル円ショート参戦しちゃったのよね。。。

ポンドドルショートを手仕舞って。

1.1741ドルS ⇒ 1.16165ドル 利食いではあるのですが・・・

ドル円 109.87円S ⇒ 110.50円でロスカット ギャー(ノД`)・゜・。

今日はエコノミスト村上尚己氏にお話しを伺っていたのですが
ソフトバンクの件を伺ったら、通常ならインパクトがあるニュースだけど
現在のマーケットはそれどころじゃない(ってか海外勢は見てもいないかも)
ドル不足というマクロ環境から考えると一企業のフローはあまりにミクロ、とのこと。

それと、、、そもそも資産売却っていうけど買い手がいるのか?
という指摘もあるようで、すっと実行できるかどうかも疑問という話も。

このニュースに浮足立ってドル円ショートしたのは大失敗でした。

その後、FRBの無制限資産購入のニュースで一瞬ドル円は下落したものの
これがみるみるV反騰する様をみて、
戦略を基に戻してドル買いすることにしました。

ドル円を 110.35円でロング
ユーロドルを1.0810でショート
ポンドドルを1.1644ドルでショートです。

一気に作りすぎかな??🤔

月末、期末なのでユーロはまだ上がるリスクもあるんだけど、
これも現在のフェーズだとそれほど大きくないかも、ということで
待てずに売ってしまった💦

FRBの無制限資産購入発表があったのに、今夜のダウ、
現時点で950ドルも下落中。これ、ホントにまずいよね。

経済対策が通れば下げ止まるとは思うのですが、
FRBは切れるカードはほとんど切ってしまったんじゃないの?!
という絶望感がマーケットを支配すると、かなり怖いです。
戻りが入らないまま再下落なんてこともあるかもしれません。
株価インデックストレードに関してはまだ様子見です。
人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社