2020年3月25日水曜日

センチメントが急に好転したように見えます。

24日㈫、日経平均は 18,092.35  +1,204.57
 随分上昇しましたね。

23日にFRBが無制限QEを発表したことや
日本では日銀の1日2000億円のETF買いなどが
下値をがっちり固めているともいえるでしょう。
ソフトバンクのショートカバーによる指数押上効果もあるかな。

それと今日は東京オリンピックが中止ではなく、
1年延期の線で交渉に入ったことなども好材料なのかもしれません。

VIXも急反落しています。
過度な恐怖からの換金売りのフェーズはいったん
落ち着きを取り戻したのかもしれません。

今夜のダウはなんと1700ドル高ですよ~

それでもまだ日足で見ればこんな位置ですが。

※ダウ日足


しかし、まだ全然安心できる地合いではないと思いますよ、、、

例えばこればバフェット指数


※投資家ウォーレン・バフェット氏が
株価の割安・割高を判断するときに使っているといわれる指標
「株式市場の時価総額÷その国のGDP×100」

100%を超えると割高とされますが、トランプラリー後は100%越えが
常態化しており、使えない指標とされてきましたが、下がってきましたね。
それでもまだ100%超えの水準です。
リーマンショック時には50%程度まで下落したことが気になりますね。

そして。今夜発表された米PMIは過去最大の下げ幅
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-03-24/Q7PAYDT0G1LC01


ゴールドマンサックスは米4-6月期GDPを前期比年率換算で24%減と予想
モルガンスタンレーは何と30%減と予想しています。

悪い数字が出てくるのはこれからです。


また日本ですが、、、
オリンピックは中止ではなく延期、これは歓迎できますが
財政政策には期待ができません。

政府、コロナ対策30兆円規模に 消費減税見送り公算、旅行代助成
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200322-00000083-kyodonews-bus_all

この危機においても減税に二の足を踏んでいるだけでなく
現金の一律給付見送り、なぜか旅行券とかズレたことを・・・
申請は早くて5月末以降、配布は夏以降スピード感も欠いています。
この経済停滞の深刻さを軽く見ているとしか思えません。

新型コロナウイルス発生当初、呑気に防護服やマスクを
中国にせっせと送っていた自治体がたくさんありましたが
今では足りなくなって新たに予算計上したり、中国に返して欲しい
などと言っているところも出てきましたが、その感じに似ているというか・・・

また、今ショートカバー中のソフトバンクですが

デフォルト確率がジワリ上昇中。

@remyxx氏のTweetから 

https://twitter.com/remyxx/status/1242424909172637697

戻り局面入りとなったマーケット、
底入れと思うべからず、、、かな。

東京も感染者数が増加しており、オリンピックが延期となったため
東京もロックダウンに踏み切る可能性もゼロではありません。


ということで、足下金融マーケット全般、リスク回避ムード一服で
為替市場でも東京時間、ドル高の巻き返しのドル安基調に覆われ
私のドルロングポジションがえらいことに・・・・

ドル円を 110.35円でロングはストップを110円においていたので
生き残りましたが

ユーロドルを1.0810ショートはこのところの高値であった
1.0840においていたストップヒット(´;ω;`)

その後下がってくるという・・・
ということで、再度1.0808ドルで売り直しています。


ポンドドルを1.1644ドルショートは1.1700でストップアウト。
これは、再び下がる気配がなく、様子見です・・・。

ドル高基調がこのまま継続するのか、それとも反落するのか
気迷い症状といった感じですね。
むしろ今日は円売りが加速してクロス円上昇が顕著でした。

※クロス円一覧


ポンドドルとか、豪ドルドルなどドルストレートで
ドル高が気迷い症状となっている中、
ドル円がしっかり推移している背景は
GPIFのニュースが関係しているかも。

GPIF、来月から外債運用を25%に引き上げへ=関係筋
https://jp.reuters.com/article/gpif-japan-pension-idJPKBN21B18N

外国債券の比率を10ポイント引き上げて25%とする方針、
ここだけ見ると、外債投資比率が増える!!
ドル高要因だ~ってことになりますが
今回のコロナショックで米債って凄い上昇しましたので
自ずと外債比率が高まっている可能性もあります・・・。
外債の収益率は過去10年で年4.18%と、
国内債の年1.92%を大きく上回ったとされていますしね。

現状の目標ポートフォリオから資産配分が変更されたからといって
実際の資産バランスが、このショックで随分ゆがんだでしょうから
ここからどのようにそれがリバランスされるのかは不明。

ただ、心理的には外債投資増は円売りですので
ドル円は上昇バイアスが強まると考えていいのかもしれません。

それに、基本ドル不足ですものね。

ということで、ポジションはドル円ロングとユーロドルショートです。
人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】




※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社