2020年5月15日金曜日

日経平均は3日続落です。
14日㈭は 352.27円安の19914.78円

米国株が下落基調を強めていることから
日本株だけが元気に上げられるわけもなく
コロナ禍でガイダンスが出せない企業が増える中
今決算受けての株のバリュエーションなど指標としては
アテにならないとはいえ、
PER23倍まで上昇してくると
手仕舞いに動く向きも増えてくるでしょう。

昨日ショートした日経平均CFDは利が乗ってきました。

しかし今夜の米株、なかなかの強さを見せて反発基調。
パニック的に下落する相場ではないようです。


今夜の米株の強さの背景がイマイチ材料がないのですが
こじつけるとすると原油が堅調。

世界原油市場は「いくらか改善」、歴史的な減産で-IEA
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-05-14/QABAZ6T0G1KW01

19日の6月限納会に向けて、マイナス価格再び?と
警戒しショートした向きのポジションが踏まされてる?

※原油先物6月限(つなぎ足)


それと、これが材料とは思えませんが
なんとトランプ大統領、強いドルを支持、などと
発言しました。

トランプ米大統領、強いドルを支持 現時点で適切
https://jp.reuters.com/article/global-forex-trump-idJPL4N2CW36H

FRBにマイナス金利導入を迫っていることと矛盾した発言よね🤔??

これが効いたのか今日は全般ドル高気味。
ん~ドル高が来そうな予感・・・・。

米国の大緩和は他国の追随を許さぬ規模ですし
しかもマイナス金利まで導入させようって圧力かけてる
わけですから、素直に考えればこれからドル安が来るはずですが
相場がその方向に動かないってのが興味深いですね。

この通貨インデックス一覧を見ていると
ドルストレート通貨でドルロング、
オセアニア、欧州通貨ショートがいいんじゃないかと思えてきます。


そうそう、今日はFT主催のWEB会議にて
英中銀総裁、ベイリー氏が
マイナス金利を現時点で検討していないと
近い将来にはマイナス金利を導入する可能性を否定。
現在の英政策金利は0.1%ですので、
これ以上下げるとマイナス圏に入っちゃいますね。。。

実は英短期金融市場でも英中銀が2021年5月に
政策金利をマイナスに引き下げることを織り込みつつあり
市場が催促し始めたことに対する牽制とみられます。

これを受けて、ポンドが強含む局面がありましたが
継続せず。今夜はドルが強い。

円はどうでしょうね。
緩和規模で考えると円高が来そうなものですが
なかなか円高にならないですね、最近。
なんだかドル円上がりそう。

ということで、ポンド円、カナダ/円をショートしていますが
ここからはドルストレート通貨での
ポンド、ユーロ、豪ドル、キウイの売りを狙おうかと思います。

ポンド円を131.83円→130.80円で買い戻し
カナダ円76.82円→76.01円で買い戻し

株安でドル高という相場が再燃するかもしれません。

今夜は株がしっかり推移しているのですが
政治的な米中対立は激化していくものと思われ
これはやはり高すぎる株の調整をもたらすのではないかと思っています。

トランプ氏、中国主席と「今は話ししたくない」-中国と断交も示唆
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-05-14/QABJM2T0AFB401
・中国と「完全に断交することが可能か、
    断交した場合に何が起きるか」思案している
・NY証取やナスダック上場で米会計規則に従わない中国企業「注視」
・「5000億ドル(約53兆5000億円)を節約できるだろう」

この5000億ドルって何だろう?!🤔と思ったのですが
先般出ていたこのニュースの

トランプ大統領、米連邦退職基金の中国株投資引き揚げ指示か-FOX
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-05-12/QA75G8DWLU6801
・連邦退職基金が中国株式に投じる約45億ドル(約4830億円)の
資金引き揚げを指示し、投資先として中国株との関係を絶つ方向に動いている

45億ドルの中国株からの資金引き上げのことかな?と。

また、こんなニュースや

中国のハッカーがワクチン情報盗み出し図ると米政府-中国は反論 https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-05-14/QAAHUVDWLU6D01

こんなニュースなどを見ていると

CIA:中国はWHOに圧力をかけて世界中のマスクや防護服を買い漁った?
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/05/ciawho.php

米国の怒りは相当なものです。

そろりそろりと金が動き出しました。

ドル高気味なのに??と不思議な気もしますが
このところドルとの相関性は高くないのです。
相関性が高いのは・・・・こちらの動画から是非ご確認を。




人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】








※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社