2020年6月18日木曜日

反発の勢いは鈍化したものの、下がりませんね…

22404円日経ショート損切しました。。。22600円超え。
為替も様子見姿勢継続で、ノーポジとなりました。

過剰流動性相場だということは承知していますが
先週の下落で押し目完了なんでしょうか。

昨日のブログにも書いたように、
今週に入ってからの切り返しの材料とされた
ニュースのほとんどに新味はないですし、
米国、そして中国の感染者増加第2波も報じられている中
どうも、この高値を買ってついて行く気にはなれません。

北京の封鎖拡大 「戦時状態」で新型コロナ対策―中国
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020061600975&g=int

また、地政学リスク、、、軍事的な紛争激化リスクも高まっています。

北朝鮮が南北共同連絡事務所を爆破=韓国統一省
https://www.bbc.com/japanese/53060982

この時期にまたなぜ・・・ですが
こんな考察があります。

「北朝鮮の外貨、3年内に枯渇…焦りからビラを口実に圧力」
https://s.japanese.joins.com/Jarticle/267108
・北朝鮮の外貨が3年以内に底を突くという見方がある
・制裁解除の見通しが立たないのが大きな影響を与えている

・韓国を圧力を加えているのもこうした苦境による焦りの表れとみられる
・米大統領選挙後に米政権が北朝鮮問題を最優先に扱う状況を作るために
 北朝鮮が弾道ミサイル試験発射や核実験をする可能性がある

新型コロナウイルス問題で、どの国も自国のことで手がいっぱいですが
特にアメリカは大統領選挙を控えてデモの拡大も大きな問題となっており、
北朝鮮問題は喫緊の課題ではありません。
すでに米国はこの問題に介入しないスタンスを明らかにしています。

韓国が建設したとされる共同連絡所を爆破されて
韓国がどう応じるのか、、、。

この問題はすぐにマーケットに影響を及ぼすものではないですが
日本が巻き込まれる事態に発展すれば、その限りではありませんね。

そして

インドと中国、国境付近で衝突 インド兵20人以上死亡か
https://www.bbc.com/japanese/53074215

インドも中国も「核保有国」です。
まさか、がないとも言えないのが昨今の流れ。

また中国勢力の拡大を抑え込もうという動きはEUにも。

EU、M&A抑制を提案-中国など外国勢から域内企業を防衛へ
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-06-17/QC2IGYDWRGG101

米国はZTE,ファーウェイへの規制強化を始め
米年金基金の中国株への投資を禁じるとか
米市場への中国株上場を規制するなどさまざまな封じ込め策を発表していますが
EUでもそうした声が大きくなりつつあるようです。

日本も動いています。

外資規制、重点審査518社 トヨタやソフトバンクG
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58881950Y0A500C2EA4000/
医薬品・医療機器も外資規制強化 コロナ長期戦へ7月適用―改正外為法
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020061500663

ただでさえ新型コロナで人の動きの監視が強化され自由が奪われている中
こうした規制により中国経済が疲弊すると国民の不満が噴出し
反政府感情からデモや内乱が広がるリスクが増大します。

かつて、国民の不満が噴出する度に、日本を叩くなど
その不満を海外に向けるという政策をとることがありましたが
これがインドとの紛争を激化させるようなことがなければいいですが。。。

ということで、買いたい弱気に陥っているわたくし。
http://www.jsda.or.jp/jikan/proverb/contents/proverb04.html

ちょっと様子見とします。

さて、これだけ不穏なニュースが増えてくると
安全資産を持って置こうという心理が高まるもの。

米国ではイーグルコインの売れ行きが伸びているんです。
これは個人が買っているということです。
すでに金ETF市場には機関投資家らの買いが積み上がっていますが
金投資に目を向ける投資家層の裾野が拡大しているようです。

ということで。今週のヒロコのWeeklyGOLD
今回はマーケットエッジ代表 小菅努さん登場!

<イーグルコインも再注目>
『金投資家は何をみている?』


◎スタンダードに考えるのなら実質金利
◎金価格高騰論者がみている指標
◎なぜ金投資家は金融政策を重視?

プロの投資家がどのように考え、金を買っているのか。
小菅さんの解説を是非お聞きください。
元FRB議長グリーンスパンさんも出てきます!

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】




※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社