2020年6月19日金曜日

ショート全部諦めて寝た後に下がったりするものよねぇ。

昨晩18日のNY市場、

ダウ平均は  26119.61(-170.37)▼0.65%

下げてる~19日木曜の日経平均も下落スタート。
日経CFDショート切らずに持っていれば。。。(´;ω;`)

なぜ米株が下げて終わったかのか?!
考えられる材料は・・・

①米国では6州で新型コロナウイルスの新規感染者が急増
米国立アレルギー感染症研究所
のファウチ所長が感染拡大の「第2波」へ警鐘を鳴らした

②トランプ大統領、
中国当局者に制裁を科す「ウイグル人権法案」に署名
トランプ大統領、ウイグル人権法案に署名-中国は報復の構え
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-06-17/QC35XZDWLU6L01
・中国政府は18日、米国が同法を進めるなら報復すると反発

③来週発売予定
「トランプ氏、国益より再選」 ボルトン氏暴露本
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60481260Y0A610C2FF8000/

ん~複合要因かな?

下げたら買いたいという個人も多い相場ですので
3月の急落のような崩れ方はしませんね。
市場にマネーがあふれているため、下落があれば
押し目到来、好機感謝とばかりに買いが入ります。

ということで、東京時間にダウCFDを
25963ドルショートちちゃったのですが苦戦してます・・・。

なぜ日経じゃなくて今回はダウにしたのか。
ダウのアイランドリバーサル、まだ活きてると思うんですよね(自信なし)
また、日経は東京時間の前場の下げ局面で買うと
後場から日銀の買いでやられるパターンが多いので。

そして今夜のダウ。
今夜発表されたフィリー指数も急回復で、
株の買いが旺盛ですね(´;ω;`)

6月フィラデルフィア連銀景況指数 +27.5(予想▼21.4 前回▼43.1)
仕入れ価格、販売価格、新規受注、出荷などの項目が大きく改善。

先週発表されたNY連銀 製造業景気指数も急回復でしたね。
6月NY連銀景況指数 ▼0.2 (予想▼30  5月▼48.5)

先行指標とされるこれらのソフトデータは
実態を表わす販売台数や雇用、売り上げなどのハードデータ-の
先行指標的な意味合いを持っています。
アンケートによるマインド調査なんですけどね。

という意味では、株は買いとも言えるんだけど…。

※ただし新規失業保険申請件数は150.8万件、
事前予想129.0万件を大きく上回っています。

そして今日は同時にポンド円133.98円でショートしています。
リスク資産下落でクロス円も下がると思って
ポンド売りのリベンジを試みたところ、
MPC(金融政策会合)後神経質に乱高下するも、崩れてくれました。

今日の英国の金融政策発表はサプライズなし。

政策金利を予想通り据え置き。
資産買入枠を1000億ポンド拡大し、7450億ポンドへ。

この資産買入れ増額は事前予想通りです。

ということで、今夜のBOE英中銀の政策会合は
ポンドを動かす材料にはならなかったのですが
やはりEUとのブレグジット交渉の不透明感が嫌気されているようですね。

英国は1月末にEUから脱退しましたが2020年中は移行期間です。

22年まで移行期間を延長できるのですが、
ジョンソン首相は今年中に自由貿易協定交渉を妥結すると主張。
6/15にもEU側と改めてこれを確認したと表明しています。

6月9日より日英通商交渉が開始されていますが
2月時点でジョンソン首相は
将来関係に関する大筋合意が6月までにまとまらない場合は、
交渉を打ち切る可能性も示唆していました。

そして、実際にこれが6月までにはまとまらなさそう、、、、
ってのが現状です。
合意できなければ、互いの間で関税が復活することになります。

ただし今回、交渉は継続することが確認され
「交渉の決裂」という最悪の事態は回避されています。

今後は6月末から7月までの1カ月間は毎週協議を重ねる予定だそうで
この結果がポンドを動かす材料となってくると思われます。

ただ、足下でテクニカル要因なのかポンド売りが止まったので
132.80円で買い戻しました。
ただし、戻りをまた売りたいと思います。

※ポンド円日足 上昇トレンドラインでぴったりとまった。


さて、米国の感染者数増加が株式に再び影響を及ばし始めたという
指摘も一部にみられます。

先ほどフロリダ州は新型ウイルスの感染者が3.9%増加したと発表され
これが今夜の株の上値を抑えているとも。

現在、ダウショートはアゲインストですが
もう少し粘ってみます。
ん?書いているうちにダウちょっと下げてきました°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

本日収録の「ひろこのスペシャリストに聞く!」は
経済産業研究所 上席研究員 藤和彦氏に
原油安の先にあるリスクについてお話しを伺いました。
 https://youtu.be/bdLhTejFBlo
ひょっとしたら年内WTI原油価格が100ドルを超えるかも?!
と藤氏。注目はサウジアラビア。政情不安は甘く見ない方がいいかもしれません。
是非ご覧ください。25分ほどの動画です。


 人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】




※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社