2020年7月22日水曜日

今夜21日のNY市場では、ドル安が加速。

※通貨インデックス一覧


ドル独歩安ですね。

このせいだと思うのですが、40ドル節目から上値が重かった
WTI原油価格も42ドル台へと一段高。

※WTI原油先物チャート

メタル系も軒並み上昇です。
ゴールドはもちろん、シルバー、プラチナ、パラジウムと
軒並み高。これは個別のコモディティに材料が出たというより
ドル安による国際商品高で説明がつく値動きでしょう。

※貴金属一覧


ドルという通貨の価値が低下し、、、インフレが?!
と長期金利を見てみると、0.6%台で微動だにしていません。

※長期債利回り


株も強い、債券も強い、コモディティも強い。。。
なんだ、ただの過剰流動性相場か。

昨日20日から米国では追加財政政策(2兆ドル規模)が
協議されているはずですが、もうそれを織り込み始めたんだろうか。

第4弾の財政出動に関しては
トランプ政権と、議会共和党、そして民主党とに
大きな隔たりがあり、そう簡単に決まらなそうなんですけど
マーケットは2兆ドル出るもんだと思ってる??💦

あ、ムニューシン米財務長官が
「追加景気対策、来週末までの合意を目指す」って発言したようです。
でもこれって、ムニューシンさんの願望にすぎませんが。

米株はダウが300ドル高、ナスダックが15ドル安(24:00現在)
あれ?今夜は再びグロースからバリューへ?!日替わりですねぇ。

これが今夜のGAFAM+Tesla

ナスダック関連銘柄は利食い旺盛のようです。

今週は東京市場は明日水曜まで。
木曜から4連休でしょ。
このブルブル相場についていっていいものか・・・。

特にトルコリラにはご用心。

7/23にトルコ中銀の政策金利発表がありますが、
まさか利下げを強硬しませんよね・・・?!

トルコの6月のCPI上昇率は前年同月比12.62%、インフレ加速してます。

通常インフレ加速なら利上げですが、エルドアン大統領は
人気取りのため(と言われている)中銀に利下げ圧力をかけてきました。
2019年1月には24%あったトルコの政策金利は現在8.25%。
政策金利が物価上昇率を下回る実質マイナス金利状態とあって
トルコリラ売りが続いてきましたが、
足下ではトルコリラ、値動きがピタリと止まっています。

これトルコ当局による介入が行われている模様。

7月17日に発表されたトルコ外貨準備高は10日時点496億1000万ドル。
2013年の1100億ドル超の水準から半減してしまっています。
外準使ってリラ買い介入しているのでは・・・。

さて、今回、金利をどうするのでしょう。

24日にはS&Pによる格付けの発表が。
S&Pはトルコに利上げを期待するコメントを出しており
期待に応えなかった場合・・・格下げもある?!

となると、リラ急落のリスクに備えておかなくては。
特に日本市場休場で日本の個人のリラロングが
狙われないとも限りませんのでご注意を!

さて、1.1334ドルのユーロドルロングは継続です。
※ドルストレート一覧

今日EU復興基金合意の報道があり、一時ユーロが売られましたが
押し目となりましたね。チャートが強いんですよ。
1.1453ドルでLポジション追加しています。

さらに、狙っていたNZドル/ドルも買ってしまった。
0.6594ドル。

豪ドル円74.38円Lも継続です。

今日の動きで豪ドルやキウイがレンジを上方ブレイク。
トレンドとなってくれればうれしいですね。
※クロス円一覧
人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】


※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社