2020年7月3日金曜日

米6月雇用統計も好結果となりました。
(昨晩発表されたADP雇用指数やISM製造業景況指数も好結果)

NFP非農業部門雇用者数変化:480万人(予想:300万人)

失業率:11.1%(予想:12.3%)

平均時給:▼1.2%(予想:▼0.7%)

新規失業保険申請件数
結果:142.7万件
予想:135.5万件

この結果を受けてトランプ大統領が会見。

6月の雇用統計はすべての市場予想を上回っており
米国経済は力強く回復している!
株式市場は雇用回復を映し、非常によい状態だ。

確かにそのとおりですが
では、株式市場がこれで上昇に弾みがつくのかというと
それはまた別の話。

雇用統計というのは、遅行指標です。
今7月ですが6月分です。

しかも「調査対象期間は12日を含む1週間」のみ。

コロナ禍で労働市場は流動的です。
ADP雇用指数の前月分の修正などは
現在いかに統計があてにならないかを物語っています。

ということで、雇用統計を受けて確かに株は上昇していますが
その持続性には疑問ですね。

米国では感染者再拡大で、人の移動、店の再開など
多方面に再規制の方向にあり、再び労働市場に影響が
出るリスクが出ているんです。

先月の統計などあてにしてトレードしていたら失敗しますよ。
とか偉そうなことを書いていますが
日経平均ショート22232円は、本日コストでポジション消失。

雇用統計前なので、ポジション再構築はせず
ノーポジションで見ていましたが、
今や雇用統計って、ホント動かないイベントになっちゃいましたね・・・。

このところの値動きがトレンドレスで読めないのと
米市場が連休入りすることもあり
ここでリスクを取ることはせずに、おとなしく休みます。。。
今年は夏枯れ相場になりそうな予感。

ひろこのスペシャリストに聞く!
今回は よそうかいグローバルインベスターズインク代表 松本英毅氏。

今注目のコモディティと題して
原油、コーン、大豆相場について伺いました。
突然コーンが動き出しましたけど、何があったの??
 是非ご覧ください。
7/19(日)には東京にて松本氏の新著出版セミナーを開催します。
動画にご案内がありますので、そちらからお申込みくださいね。
私も司会でご一緒します!


人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】




※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社