2020年7月2日木曜日

株式市場、日替わりで方向感が変わるので、
まだ売りに確信が持てないのですが、
明らかに上値が重くなってきたように感じます。

ということで、今日は日経平均CFDを22232円で売り参戦。
ダウにしなかったのは、Nasdaq総合があまりに強く
高値を奪還しそうなので、米株全体が弱いとは言えない気がするから。

他方、日本株市場ではマザーズが今日7/1までで4日続落となっている他、
ジャスダックも2番天井を付けたように見えるため、
全般弱含みとなれば日経も下げるかな、と思ったためですが
ホントはダウのアイランドリバーサルがまだ生きていますし
ダウを売りたい<`~´>ん~でも25000ドル割ってから考えます。

ただ、冷静に今夜の値動きを見ているとダウは明らかに上値が重い。

好材料がいくつも飛び出しているのに、
先ほどダウマイナスに転換する局面がありました。

①6月ADP雇用統計:236.9万人(予想:+290万人)

これね、サプライズは6月分の数字より、5月分の修正です。
5月▼276万人とされていたのが、今回+306.59万人に上方修正されたのです。

え?マイナス276万が+306万に修正されるってアリなの??
いかにコロナショックで混乱していたかが伺える修正幅ですが
ポジティブサプライズにダウは100ドルあまり上昇して寄り付きました。

②米・6月ISM製造業景況指数:52.6(予想:49.8、5月:43.1)

分水嶺である50を回復しました。
2019年4月以降ほぼ1年ぶり高水準となったことは素直に好感できます。

③ワクチン開発期待高まる

製薬大手のファイザーが独バイオ企業と手掛ける
新型マイナスコロナウイルスのワクチンの初期の治験で
良好な結果が得られたと発表したことで大幅高!

コロナ禍ではワクチン開発ニュースはセンチメント好転に
繋がるニュースですね。

④テスラがトヨタ超え

足下テスラ株が堅調に推移しており、
とうとう時価総額が22兆円を超え
トヨタ自動車を抜いて自動車メーカー首位に躍り出ました。

これも米国株市場全般センチメントを明るくさせるニュース。

これだけいいニュースが相次いだにもかかわらず、
ダウは一時マイナス圏に沈むなど、買いが持続しません。
ここから何があったらさらに上がるのか見えてこなくなった、、、
ように感じませんか?

と思っていたら現在60ドル高まで回復。
やはり米株は引けてみないことにはわかりませんね。
だから米株ショートは苦行なのですよ。。。。
ということで、今回は日経平均ショートです。
これも短期目線ですけどね・・・

それと為替がワケわかりません(*_*;

昨日謎に上昇したポンドを再度売り直してみたのですが
それが思い切り損切です、続伸中。
何故ポンドが買われているのかは不明・・・。

さらに東京時間午後、ユーロが弱含んできたので
7月入りで半期末のリバランスの影響もなくなっただろうと考え
ユーロショートを作ったのですが
これも夜の番組を終えてレートを見てのけぞりました。

ユーロ上がってるじゃない~

これも損切です。もういちいち
いくらで売っていくらで切ったか書きません。終わった話です😢

メルケル独首相が
「Brexit協議が失敗に終わることを覚悟しなければならない」
と発言したようですが、これってユーロ買いなの??
解せぬ・・・・。

ということで為替はノーポジ。
今何で動いているのか読めません。
テーマレスの時に無理に取引してもロクなことないですね。
何か見えてくるまで触らないでおきます、反省。

ただ、今夜気になる動きが、世界の長期債利回りの上昇です。

※世界の長期債利回り比較


米国、ドイツ、英国、日本、豪州、ニュージーランドの10年債利回り
足下で上昇しそうな雰囲気ないですか??
利回り上昇ということは、債券が売られているということです。

ここにきてなぜ債券が売られているのか。
株に資金シフト?ならばリスクオンなので問題ありません。
別の理由があるのでしょうか??

とはいえ、どの国の長期債利回りもゼロ金利。
白いラインが1%ですので、その下でミクロの値動きにすぎません。
つまり、まだ警戒するほどの動きじゃないってことですが(笑)

ただ、すべての国の債券が一斉に売られているというのは
やや気になりますね。
6月初旬にも同様の上昇がありましたが
この時はめちゃめちゃ株が上昇していた時期でした。
まさに債券から株へ?という動きだったのですが
今がそうなんだろうか・・・🤔?

これが今夜の通貨市場にも影響している??
ん~理解できません💦
債券市場にも留意しておかないといけないですね。

※追記
@BigggDadyy さんのTweetで気が付いたのですが
今夜のFOMC議事録で、YCC(イールド・カーブ・コントロール)期待が
剥落したことが金利上昇のきっかけのようです。
https://twitter.com/BigggDadyy/status/1278392509106999297

そうであれば、別段この金利上昇を恐れることもありません。
今夜VIX指数も低下傾向。ン=なかなか株は崩れないです・・・・

さて。金がレンジを抜けてきましたが
今夜、金利上昇のせいでしょうか、再びレンジ内に
叩き落されそうなムード・・・。
今夜はちょっと荒れ模様ですが、、、、
金市場には資金流入が続いています。

実は年初来のリスクアセットのパフォーマンスで
最も強かったのはゴールドです。

ダウでもNasdaqでもありません、ゴールドなんです。
ではなぜゴールドが強いのか。

エモリ・キャピタルマネジメント代表 江守哲氏に伺っています。
◆金価格と理論値 金鉱山生産量の推移 政府・中央銀行の金購入量と金価格の推移 金上場投資信託(ETF)保有高とS&P500の推移 日経平均株価と金への投資成果 年代別のポートフォリオ例
 ヒロコのWeeklyGOLD 是非ご覧くださいね。
人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】






※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社