2020年8月26日水曜日

 ブルトラップ、というチャート形状がありますが、
言葉の通り、強気の罠。

ひょっとしたら、株式市場は高値を超えて強いと見せかけてからの
大きな下落となる可能性もある?!

※日本株主要インデックス一覧

25日火曜、日経平均やTOPIXは窓を開けて勢いよく上昇し年初来高値越え。
さらに上昇に勢いがつくかと思いきや、引けにかけて上げ幅を削る展開。
マザーズは前日比マイナスとなるなど、ちょっと嫌な引け味でした。
何が後場の売りにつながったのでしょうか。

しかし、米株市場はどのインデックス見ても強いですし、
考えすぎかもしれません。
インデックスはノーポジなので気楽に静観しております。

※米主要株価インデックス


今週明けは米食品医薬品局(FDA)が新型コロナウイルス感染症から
回復した人の血漿を使った治療法の緊急使用を許可した、と
トランプ大統領がPRしたことを受けた株高という指摘がありますが
これはすでに使用されているということで、後付けの材料という印象。

同時に英製薬大手アストラゼネカとオックスフォード大学が開発中の
新型コロナワクチンについて米政権が大統領選挙の前の緊急使用の許可を
検討しているという報道も、コロナ終息と本格的経済回復期待に
繋がったという指摘もありますが、
今週27-28日はジャクソンホールシンポジウムもありますし
ここから新規でリスクを取ろうという投資家は少ないでしょう。
ロビンフッダ―は別ですが‥(^-^;

インデックスはジャクソンホール会合前にはポジション取ろうとは思いません。

為替市場ですが、ドル円が大きく上昇。
今日の日本株市場が強かった(引け味は別として)ことを
受けたのでしょうか、全面円安の展開となりました。


安倍首相の健康問題はアベノミクスの終焉の思惑にもつながるため
この報道があってからドル円をショートした向きもあるようですが
ジャクソンホール会合を前に、ショートカバーが起きたのか?

あるいはこういう上昇があった日は、
後になって年金の買いなどが出ていたなんて情報もでてくることがあります。


※ドル円、クロス円一覧


特にユーロ円の上昇が大きかったですね。

ユーロドルでもユーロが上昇基調に。

ユーロドルとユーロ円をショートしているので
辛い展開となりました・・・。

もともとショートは短期目線で、中長期では買おうと思って
いたのですが、ユーロドルショートは何とか耐えてります。

ユーロ円124.83円Sはコストで手仕舞い…。(´・ω・`)

豪ドル0.7156ドルSはロスカットラインまで到達していないため継続。
ポンド0.3105ドルSはコストで撤退。

トレンドレスな通貨ペアばかり選んじゃってるので苦戦中。

ユーロ円が上がりそうなのでロングしようかと迷いましたが
ジャクソンホール会合前には、新規ポジ作らないでおこうと思います💦

今夜はやや米長期債利回りが上昇基調にあり、
ゴールドが一段安となりそうなので、この点に留意。
金利上昇はゴールドだけでなく、米株市場にも影響すると思います。

※米10年債利回り


トピックとしては、ダウの構成銘柄のチェンジ。

NYダウ構成銘柄、エクソンなど除外 アップル株分割受け
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO63006640V20C20A8I00000/
・アップルの株式分割に対応した入れ替え

除外①石油メジャーの米エクソンモービル
  ②製薬大手ファイザー
  ③防衛大手レイセオン・テクノロジーズ  

採用①顧客管理ソフト大手セールスフォース・ドットコム
  ②製薬大手アムジェン
  ③産業機械大手ハネウェル・インターナショナル

・米最大の時価総額を誇ったエクソンの脱落は「データが21世紀の石油」
 と言われる時代を象徴する。
 
・エクソンモービルは07年時価総額5250億ドル(約55兆6300億円)
 06年~12年に時価総額で米国最大の企業だった。

・環境配慮の「ESG」投資の広がりで、エネルギー企業は投資家から敬遠

・指数算出当初の組み入れ銘柄だったゼネラル・エレクトリック(GE)は
 2018年6月に除外されている。

それと日経平均の銘柄入れ替えの観測も出ています。

日経平均入れ替え:ZOZOとカカクコム採用か、ファミマ除外へ
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-08-25/QFK8MCT0G1KY01

これはまだ観測記事ね。
正式発表ではありません。

それからこのニュース、将来的に為替には影響ないんだろうか。

ホンダ、英から国内へ生産移管 工場閉鎖受け
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020082501207&g=eco

英国の経常収支に及ぼすインパクトがどのくらいなんでしょうか。
生産移管に伴う為替処理はないんだろうか?
それと英国生産販売による利益が円転される際の
ポンド円の下落圧力の低下ってことは考えられないのか。。。

などなど、どなたか詳細分析して~。

人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社