2020年8月6日木曜日

今夜も米株はしっかり。

今夜発表された7月の米ISM非製造業総合景況指数は 58.1
予想が 55 、前月が 57.1 ということで好結果。

今、追加財政政策第4弾が話し合われていますが、

米財務長官、経済対策で週末までの合意目指す-民主党との協議後
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-08-04/QEK7AIT1UM0Z01?srnd=cojp-v2

米株は、追加財政政策協議が合意できると
楽観しているってことでいいのかな…

※米株価インデックス


このところのマーケットの相関として、株高、リスクオン相場となると
「ドル安」が顕著になっています。

また、こんな現象もドル安を加速させているでしょう。

焦点:米イールドカーブ、1%割れは時間の問題か
https://jp.reuters.com/article/usa-bonds-yields-idJPKCN2500GM
・イールドカーブ全体が1%を下回れば「時代を象徴」する出来事
・20年債利回りは、先月30日に1%を割り込む
・10年債利回りは、史上最低水準
・30年債利回りが1%を下回ったのはコロナ禍3月9日のみ。
 この時はイールドカーブ全体が一時的に1%を下回った。
 
※米国債利回り一覧 赤の30年債も1%割れが迫っています


米国債から金利が消失・・・・

これ別に米国だけの状況ではないのですが
世界一安全な資産で、もっとも流動性の高い米国債から金利が消えるとなると
本当に運用難の時代到来ですねぇ。どこで何を運用すればいいのか。

というわけで、ゴールドは連日の史上最高値更新中。

そして貧者の金と呼ばれるシルバーも猛烈に上昇しました。

今週のWeeklyGOLDは月に一度の銀、プラチナ、パラジウム特集。
貴金属スペシャリスト 池水雄一氏に伺っています。
<ゴールドは史上最高値を更新> 『シルバー高騰 出遅れるプラチナ』
株堅調、ドル安再開ってことで
今日はユーロドルと豪ドルドルのロングを作りました。

ユーロドル1.1805ドルロング
豪ドルドル0.7185ドルロング

それと
123.82円のユーロ円ロング
136.59円のポンド円ロングは継続していますが
特にユーロ円が今日新値更新してくれました。

※ユーロ円

ドル安が強烈なので、ドル円は下落傾向なのですが、、、
クロス円はしっかり。ドルストが強いということですね。

※ドル円 


今夜はADP雇用指数が急鈍化、週末の雇用統計が波乱となるか。
この点が気がかりですが、市場は楽観ムードに支配されています。
トランプ大統領が前日に『大きな数字が出る』と発言していたためか?!
…そんなこと言っちゃダメでしょ。

また、さすがに金は200日移動平均線からの乖離が大きくなりすぎており
短期調整には注意が必要。

※円建てゴールド 下段200SMAとの乖離率

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】








 

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社