2020年8月21日金曜日

 為替市場、ドル安一服でしょうか。
それとも、ユーロ上昇息切れとみるべきか。

※通貨インデックス一覧

ポンドも弱いですね。
これ、多分この報道が影響していると思われます。

英・EUの通商交渉、合意さらに遠のく-協議再開も進展なし
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-08-20/QFDFD5T0AFB401

今週実施された英国とEUとの通商交渉を総括して
双方の首席交渉官が会見を行っているのですが

EU◆バルニエEU首席交渉官
「英国との交渉の進展状況に失望、
英国は単一市場への権利失うことを選んだ、
英国との合意、現段階では可能性低い」

英国◆フロスト交渉責任者
「今週のEU離脱交渉、ほとんど進展なかった」

交渉、全然進んでないじゃん!!

このところ、
ユーロもポンドも買われて高い位置にあったので
手仕舞い、利食いのきっかけになったと思われます。

特にユーロの通貨先物市場での投機家らのポジションは
過去最高水準20万枚にまで迫っていましたね。

※ユーロIMMポジション

中長期的にはユーロもポンドも買いだと思っていますが
調整入りとなりそう・・・。

というわけで、
ユーロドルとポンドドルロング止めました(+_+)

ドテンショートです。

ユーロドル1.1904ドルL → 1.1843損切 
ポンドドル1.3161ドルL→ コスト撤退

ユーロドルを1.1840ドル
ユーロ円を124.83円でショート。

欧州通貨安がきっかけでも全般にドル高基調となれば
ゴールドが下落しますね。

ゴールド生産世界第2位の豪州。
豪ドルも金が崩れると下がってくるかもしれません。

ということで、豪ドルドルの週足をチェックすると
200SMAで上値を抑えられているのね。
ここで反落すれば調整が大きくなりそう。

ということで
0.7156ドルで豪ドルドルもショート参戦中。

それから、今日は欧州圏から出てきた指標が
あまりよくなかったこともユーロ下落に拍車をかけたようです。

19日に公表されたFOMC議事要旨(7月28-29日開催分)では、
イールドカーブ・コントロール(長短金利操作、YCC)など
一層の緩和策導入に現時点では当局が否定的であることが
示されたことで、ドル高となりました。
議事録公表前からじりじりとドル高が気味に動いていましたが…。

もちろん、あくまで7月のFOMC時点でお話しです。
次回9月15-16日開催のFOMCに向け、
来週27-28日にはジャクソンホール会合がありますので
フォワードガイダンス強化などへの思惑が広がるかもしれません。
そうなれば、再びドル安になるかもしれませんが・・・。
あ、今回のジャクソンホール会合はオンラインですって。

人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社