2020年9月8日火曜日

 今日はレイバーデーで米国市場は休場。

ということで、日本のマーケットもあまり盛り上がりませんでした。
この週末に巨額のオプショントレードが報じられたソフトバンクG<9984>が
急落し、日経平均を押し下げる格好となったようですね。

7日(月) 23089.95円(-115.48円)▼0.50%

寄与度が大きなソフトバンクが今日の日経平均を97円ほど押し下げています。
先週週初はバフェットの日本株買いに沸いたんですけどね。。
ここからはソフトバンクGの株価にも注視しておきたい。

※ソフトバンクG H&S??


ということで日経平均CFD23265円S継続。

為替市場ではポンド安が目立ちました。
ボリスジョンソン首相の発言がきっかけ。

英政府、EU離脱協定の一部を無効にする法案を準備=FT
https://jp.reuters.com/article/britain-eu-trade-idJPKBN25Y00N
・10月15日までに自由貿易協定(FTA)で合意ができなければ、
 双方は「それを受け入れ、前に進むべきだ」と

合意なき離脱のリスク??

FTA交渉の期限を区切りました。
ボリス流の交渉術ですね、これで市場にもボラティリティが生まれた
ようです、ポンドの下落が始まりました。

ポンドドルを1.3239ドルで売り参戦。

Wトップにも見えなくもない。

そして
キウイ円71.52円Sは継続
キウイドル0.6727ドルSも継続

それから、原油の下落が気になりますね。

サウジアラムコがアジア・米国向け10月分の販売価格の引下げを発表。
実はアラムコは9月にもアジア・欧州向けを引き下げていました。

ん~需要が弱いということね。

またロシアのエネルギー相が
「20年の石油需要は前年比日量900万~1000万バレル減少」
「需要が戻るには3年必要」などとエネルギーに弱気コメント。

これらがトリガーとなったようです。

ダウ平均からエクソンモービルが追い出されたように
石油の時代ではなくなったようにも見えますが
原油価格が安値に長期低迷することは
将来の原油価格急騰のリスクにもつながります。

設備投資が縮小しています。
安定的な原油生産には設備投資が必要なのですが、
コロナ問題がなくなった時に需要が一気に戻ったりすると、、、

~将来のことは置いておいて、今現在、原油が下げてくるということは
景気が強くないということの証左であり、
また、米国のエネルギーセクターの一角の業績悪化、
産油国の財政状況の悪化などはマクロマーケットにとっても
いい話ではありませんね。

※WTI原油

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社