2020年9月17日木曜日

 マザーズ指数は新高値更新まで鼻先三寸。
ジャスダック市場はすでに新値更新しています。

日経平均はというと、、、小動き。
決して弱いということはないのですが、
菅新内閣発足日としては静かなマーケット。

今夜FOMCを控えていることもあろうかと思いますが
民主党政権から安倍政権にシフトした時の
猛烈上昇マーケットを覚えていますので、やや寂しいですね…。

今夜FOMCを控えて、ドル円下落が進んでいます。
もうすぐ3:00なんですが、、、待ってられません💧

※ドル円 


下値サポートを割り込みましたが、
FOMCきっかけに反転する可能性もありますね。
レンジ内に戻されるかもしれません。

ポンドがなぜか強い。ドル安という側面もありますが
今日の経済指標が弱かったこともあるかしら。

インフレターゲット対象として注目されるCPI

英CPI、8月は前年比+0.2% 飲食店支援制度で約5年ぶり低い伸び
https://jp.reuters.com/article/uk-cpi-august-idJPKBN267164
予想を下回り、5年ぶりの低水準。
CPIは英中銀の目標を13カ月連続で下回った

インフレ=通貨安
デフレ =通貨高 

ですから、今日のCPIをみて通貨が上昇したという
後付け解説をしたくもなりますね。。。

政治的にはポンド売りなんですが・・・

明日BOEによるMPC、金融政策会合がありますので
このままポンドが上昇していくかどうかはわかりませんよ。
…ポジショントーク。ポンド円ショートがなかなか利になりません(°°;)

さて今週のひろこのウィークリーゴールドは
ゴールド&プラチナカンファレンス2020 連動企画。

小菅努氏のゴールドレポートを応募者全員様にプレゼントします!!

【金市場からみるバフェットの総合商社買い】
   金価格と政府債務との関係
https://www.youtube.com/watch?v=Pm8jW8Pu8Gg

05:25 2030年まで財政赤字は1兆ドルを上回り続ける 07:20 第二次世界大戦の直後よりも厳しい債務環境 08:40 累積債務の膨張は、まだ始まったばかり 11:05 金価格と政府債務の関係を読む 15:20 FOMC新戦略の金価格に対する影響は? 16:50 実質金利マイナスの影響を巡る勘違い 18:40 上昇率から金価格のシナリオを作る 20:45 金価格からみたバフェットの総合商社株買いの意味

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社