2020年10月13日火曜日

 東京時間にこんなニュースが。

J&Jのコロナワクチン臨床試験中断、参加者が原因不明の病気
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-10-13/QI48HCT1UM0X01?srnd=cojp-v2
・臨床試験参加者の原因不明の病気が理由で研究が一時中断
・米国ではアストラゼネカのワクチン候補の試験も停止されている

ワープスピード計画に湧く米国株が崩れたりしないといいけど、、、
と思ってみていますが、今夜のJ&J、それほど崩れていません。

※ジョンソンアンドジョンソン


ただ、テクニカル的にS&P500やラッセル2000などが
いいところまで上がってきちゃってるので
先程ダウCFD28030ドルL→を28775ドルで手仕舞いました。
日経CFD23284円L→は23518円で手仕舞いです。

基本スタンスは強気継続なんですが、大統領選まであと2週間ちょっと。
このまま上昇が続くとは思えなくて・・・
ワクチン開発もそうですが、リスクオンなら上昇とみていた
豪ドルも急落する局面が。

中国が豪からの石炭輸入停止との報道調査=モリソン首相
https://jp.reuters.com/article/australia-china-coal-idJPKBN26Y06H
・中国がオーストラリア産の石炭の輸入を停止した?
・昨年の豪石炭輸出は550億豪ドル(395億2000万米ドル)で、
 鉄鉱石に次いで2番目の輸出品目

オーストラリア、中国に説明求める-豪州産石炭の輸入停止報道巡り
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-10-13/QI47NVT1UM0Y01

オーストラリアの資源を中国が爆買いしてくれたことが
リーマン・ショック後の豪州経済を支えてきましたが
その関係は大きく変わりつつあります。

焦点:火花散らすオーストラリアと中国、なぜ関係悪化したか
https://jp.reuters.com/article/au-cn-relations-idJPKBN1JE0JQ

オーストラリアにとっても大きな決断だと思われます。
中国という巨大な買い手を失えば経済には大打撃でしょう。

ということで、豪ドルが軟調(´・ω・`)
0.7154ドルLは0.7164ドルで逃げました。かろうじてプラス。

これがなくても、足元ではドル高になってきていて、
どうも方向が読めないので、大統領選前にはポジション取らないかも・・・。

※通貨インデックス一覧  今夜のドル高はなんぞや?!わかりません:D


今夜は米長期債利回りは下がってるんですけどね。

※追記
ペロシ下院議長の
「トランプが欲しいのは選挙前に株価が上がること。
トランプがオファーした財政案は大幅に修正されなければならない。」
この発言がきっかけのようです、財政支出が遠のく、、
ということで金利低下でドル高、整合性が取れますね^^;

今週15日は英国とEUのFTAや交渉期限ですし
(ジョンソン首相が勝手に決めた期限ですが)
大統領選まで2週間ですし、あちこちでポジション調整的な動きが
あるのかもしれません、、、
頭の中で整合性が取れないのでノーポジとします。

ただし大統領選前後で、株や通貨市場に乱高下があっても
リスク資産は下がれば買いたいと思っています。

ばらまかれたマネーは行き場を求めていますし
景気はすでに底入れしているからです。
あとは回復をまつのみ。
ただし、米株価は先行して上がりすぎている部分もあるので
調整を待ちたい、、、押し目待ちに押し目なしかもしれませんが。

中国は新型コロナからの回復が世界で最も早いのですが
輸出入も猛烈に伸びています。

中国、9月の輸出は9・9%増 4カ月連続プラスで輸入も拡大
https://www.sankeibiz.jp/macro/news/201013/mcb2010131651014-n1.htm
・輸出は前年同月比9.9%増の2397億ドル(約25兆3千億円)
・4カ月連続のプラス
・輸入は13.2%増の2027億ドルで3カ月ぶりのプラス。

来年は共産党創立100年ということもあって、
国家の威信をかけて経済の立て直しに邁進していると思われます。

デジタル人民元もそうでしょうし、
対立しているはずの米国からも大豆の輸入を増やしているのも
貿易協定の目標達成のため、というよりも
食料枯渇と暴動を避けるための備えでしょう。
中国の旺盛な大豆の買いの影響もあって
米国の大豆在庫は急減、大豆価格は上昇してきています。

こんなニュースもその一環ではないかしら。

習主席を権威強化する新たな規則を公表 
https://mainichi.jp/articles/20201013/k00/00m/030/245000c
・習近平国家主席(党総書記)の権威を強化する新たな規則を公表

権力をより強めるようです・・・

というわけで
中国だけが今年のGDP成長プラスの予想。

IMF、今年の世界成長率予想を上方修正-コロナ前水準回復には時間
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-10-13/QI4QUPT0AFB401?srnd=cojp-v2
・今年の世界成長率見通しはマイナス4.4%、6月はマイナス5.2と予想
・政府の強力な景気対策で影響和らぐ、中国は主要国で唯一プラス成長

世界全体も上方修正されていますね。

ということで、下がったら買うつもりですが、
一旦ロングは外しました。
人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社