2018年4月12日木曜日

トランプ氏「シリアにミサイル」 軍事行動を示唆
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2926791011042018000000/

24~48時間以内に結論を出すとしていたトランプ大統領。
軍事行動に出ることをTwitterで示唆。

Twitterで。('_')…

色々斬新なトランプ政権ですけれど
FBIによる捜査で追い込まれている状況を鑑みると
トランプ大統領が外向きに過激なアプローチに出るだろうことは予想に難くない、、、
やっぱり。ということなんでしょうか、株式市場弱いんですけど
もみあいの範囲の中での推移。ガラガラと崩れる相場に発展していません。

シリア問題は次なる株式市場崩落のトリガーではなさそうです。

今夜気になるのは、ゴールドや原油などのコモディティの値動き。

ゴールドは大幅上昇、レンジ上限ブレイクを試す展開となってきました。

恐らく有事を意識した値動きだろうと思われますが
ゴールドETF市場には資金流入が続いており、
その残高は2013年以来の高水準に。

※ドル建てゴールド日足 Chart:TradingView https://jp.tradingview.com/chart/


今夜は米国の週間石油在庫統計が発表され
原油在庫は予想が▲125万バレルのところ+330.6万のサプライズ。
予想外に在庫が積み上がっていたわけですから、原油売りの材料です。

ところが、原油市場も大幅高!!

※原油日足 Chart:TradingView https://jp.tradingview.com/chart/

在庫統計が出てから瞬間30セントほど下落したのですがV字急反騰。
下がりきらないので途転に転じたんでしょうか、謎過ぎる急伸なんだけど。

地政学リスクを材料視した、という見方もできないわけじゃないですが
シリアの原油生産は数万バレル程度ですので、あまり影響はないはずです。
中東リスクという心理的買いがないこともないですが、、、
それにしても、直近高値を更新していますので、相当に強い。

今夜もドル安傾向が強く、足元ではドル安がトレンド化しそうなムード。
このドル安もコモディティ高の一因ですが、
原油、ゴールドとコモディティ上昇が顕著となってくると
いよいよインフレの足音が大きくなってきたという気もしますね。

※ドルインデックス 再び下落傾向・・・。Chart:TradingView https://jp.tradingview.com/chart/


インフレ懸念がフォーカスされれば、ゴールドはもっと買われると思います。

基調がドル安なので、ドル円相場は思ったより上がらない。
いい加減しびれを切らしまして。
106円ミドルでロングしたドル円は今日107円割れたところで手仕舞い
ポジションを整理しました。一応利食いですが、思ったほど伸びなかった。。。

21656円の日経平均ロングも今日21854円で手仕舞っています。

で。今日はポンドドルをロングしています。

ひとつは、チャートパターンで「カップウィズハンドル」って
買いサインに見えて仕方がないこと。

※ポンドドル日足 Chart:TradingView https://jp.tradingview.com/chart/


底値圏で出ることが多いとされていますが、ポンドドルって
底値圏じゃなくても、去年は上昇相場の途中の
もみ合い時にもこの形が出てるのよね。

その時と非常によく似たチャートパターンを描いていて、
高値超えそうな予感が・・・・。

もう一つは、原油が高いこと。

3月にもブログで取り上げましたが、


原油高が市場のかく乱要因に?!ポンドに注目~FOMC直前
2018年3月22日木曜日
http://hiroko.yutaka-shoji.co.jp/2018/03/fomc_22.html
ポンドはペトロカレンシーとも呼ばれ、原油高に反応して
上昇するという特徴も持ち合わせています。
英国は北海にブレンド油田を有しており、ブレントオイル価格は
英経済、通貨ポンドとの相関が高いのです。

2016年あたりからはブレグジット問題の方が影響が大きく、
原油とポンドの相関は薄れていましたが
2017年夏ごろから、原油とポンドの相関が戻り始めています。
ブレグジット交渉への懸念が一段落したとするならば、
原油との相関も強くなってくる可能性も。

※ブレントオイル価格とポンドドル



オレンジの矢印がブレグジットのポンド急落。
この時は原油との相関が切れていましたが、
緑の矢印の昨年夏ごろから戻ってきてますね。


上記は3月時点のブログ記事。
ということで、現在のポンドドルとブレントオイルのチャート比較です。

※上がポンドドル日足、下がブレントオイル日足


今夜原油が高値更新、ブレントオイルは73ドル台まで高値がありました。
このブレントオイルのチャートはきれいにカップウィズハンドル形成で
高値越え示現となっています。

ポンドドルチャートとよく似た形でしょ。
相関が戻ってきているんです。

ということは、ポンドドルも原油チャートパターン同様に
高値越えの可能性があるんじゃないか、、、ってことです。
コストは1.4146ドルと1.4173ドル。

今日は2月の英鉱工業生産が 前月比+0.1%、前年比+2.2%と
いずれも事前予想を下回る伸びに留まったことで、一時売られる局面も
ありましたが、基本の流れがドル安であることから
ポンドやユーロが強含みの展開となってきていますね。

高値越えに失敗して急落するリスクもあるので、コストまで
落ちてくるようならすぐさま撤退します。

人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】














7

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社