2008年12月31日水曜日

ドル円なんかは1円くらいのボラがあるのでまずまず動いているのですけれど、
積極的に売買する気になりませんね、、、。
90.21円ドル円ロング作ったままブログを1週間ほど休んでおりましたが、
これはキープしたままになっています。
80円台で仕込めていればもう少し安心して見ていられるのですが、
このところはこのポジションがプラスになったらりマイナスになったりで、
これが正しいのかどうかまだ結論が出せないままですけど、このまま正月に突入しちゃうのかも。

しかしポンドが悲惨なことになっています。
だいまんさんのコラムから材料を拝借しますと、

■ポンド・インデックス(2005年1月を100としたもの)では、
 月間平均でも75.42と1993年2月の81.6295や
 1995年の80.5842の底値圏を割り込んでおり、
 現状どこまで落ちるか全く検討が付かない状況。(だいまん氏)

だそうで、

■これは、直近英国も米国に続いて「ゼロ金利政策」を取るのではとの思惑が
 強いことが大きな要因だが、それを考えると1月8日に実施される英MPCの
 結果発表までは、ポンド安が続く可能性が高いが、特に対ドルで、
 12月4日の安値1.4468を割り込むような動きには注意しておきたい。

と今日朝方書いていらっしゃったのですが、今日30日、
この1.4468をしっかりと割りみ1.4431までの安値がありました。
底なし沼にずぶずぶと沈み始めたところ?!
ポンド円にしても130.34まで下げての新安値更新、
これはずるっと130円台を割るのも時間の問題か?!という訳で
今133.90円にショートオーダーを出してあります。
気が済むまで下げないと終わらない下落相場が続いているものと見ております。

そして昨日狙っていたユーロドルのショート、今日1.4205で売りましたが、
1.4150ですぐに手仕舞いました。やっぱ1.45くらいまで待ってから売らないと怖い(笑)
ならば短期戦略で買ってみるか?とも考えましたが気持ちよく年越しできない気がしましたので
思い留まりました。これでいいのかしら?!


【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】
人気ブログランキングへ

2008年12月29日月曜日

パソコンが見られる環境となりましたので、ブログ更新再開します。
、、、、でももう今年は終わってしまいますね(笑)

1週間ほどパソコンも見なければ為替も全く見ないという生活をしておりましたが、
ちょうどクリスマス前の1週間でしたのであまりレートは動かず、
特筆すべき事件もなかったものと思っております。
お休みを頂くのにはちょうどいいタイミングだったのかもしれませんね?!

今日29日からブログ更新再開宣言なわけですけれど、
気持ちはすっかりお正月休みに傾いてしまっています(笑)
今年は結構奮発して豪華なおせちを注文たんです。
これが自宅に届いてからはもうすっかり気分は正月!
それに明日大納会だしねーとか言いたくなるのですが、
それは株式のお話であって為替市場はそんなの関係ねぇ。(ちょっと古い)

海外勢にとっては今日辺りからクリスマス休暇明けでマーケットに積極参加してくる
ということですから油断なりません。今日29日からもう2009年がスタートするようなものです。
私の気分が年末でも、確かに今日29日からの取引は来年のバリューとなるわけですから、
為替取引の世界ではもう2009年に入ってしまっていると言ってもいいのかもしれませんね。

でもチャートを見ているとマーケットが薄いんだなぁという形となっています。
ほとんど動かないのに、時としてピャーっとぶれたりして。
こんな時にレンジのキワで逆張りで攻めるのは危険です。
かといってトレンドを作るでもなし。トレンドがあるのはユーロだけ。
何故にユーロはこんなに再評価されているのでしょうか?
アメリカの金利が事実上のゼロ金利になってしまったからでしょうか?
単純に金利差からの買いなのかしら、、、、
しかし、もう半値以上戻しています。ここからの飛び乗り厳禁!!
と私のシックスセンスが申しております。
先日の高値1.47アラウンド到達となればショートを仕掛けて見ましょう。
いつになるかな?

とはいえ。年末年始で積極的に攻める気分になりません。
商いが薄いのは面白くないのに加えて怖い。リスクだけが高まるといった感じですね。
よほどの好機到来形とならない限り本格参戦は控えるつもりですが、
また動きがあれば書き込みますね。


【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】
人気ブログランキングへ

2008年12月17日水曜日

アメリカもゼロ金利ですか、、、

あれほど日本のバブル崩壊を笑ったアメリカが
全く同じ軌跡を辿ろうとは思いもよりませんでした。
アメリカの対処は日本の時よりも早い、立ち直るのも早いだろうという楽観論から
リーマン破綻までは息をつく暇さえ与えられませんでした。
下がらなかったものを探すほうが難しい暴落に見舞われた2008年は
もう後残すところ2週間となりましたが、金融危機からの景気悪化は始まったばかりです。

昨晩はFOMCを受けてダウ平均は上昇となりましたが、このまま続伸できるの?
これ以上打つ手なしという状況ですし、、、、。

とうとう日本よりも低金利となってしまったアメリカですが、
こうなるとユーロが強いわけです。
ECB幹部から一段の金利引き下げに慎重な姿勢を示す声も出てきており、
一部中央銀行が外貨準備のユーロシフトに動いているとも言われています。

ユーロドルのショートを狙っているなどと一昨日書きましたが、
これはどうやらユーロドルが底入れしたのかもしれません、売りから入るのは止めにします。
市場はドル安に大きく舵をきってきた。そんな感じがしますね。

ドル安だけど、円安。

ドル円では円高圧力強しですがクロス円では円売り傾向となってきています。
ドル円は再び88円台です。これは買い場なんでしょうか?!買いたいなぁ、、、
でも買わないでおきます。

というのも、今年のうちにメンテナンスしておきたいことがありまして、
暫くお休みをいただくからです。
ブログの更新も暫くお休みすることになるかもしれません。

仕事復帰は来年1月の成人の日明けからとなりますが、
そんなに長くブログをお休みするわけには参りません!!

環境が整えばブログ更新したいと考えています。
ただ暫くはパソコンが使えるかどうかまだ確信が持てないので約束はできないのですが、、、。
なるべく早く更新再開できるよう尽力しますので引き続き応援よろしくお願いします。


【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】
人気ブログランキングへ

2008年12月16日火曜日

またこの季節がやってきました、毎年この収録が来る頃になると師走を感じます。
今日はラジオNIKKEI/たんぱプランニングから発売されるレイモンド・メリマン氏の

『メリマン!2009年大予測』のカセット&音声ダウンロードコンテンツの収録がありました。

誰もが予想できなかった今年の金融混乱、100年に1度ということであれば、
現在のマーケット関係者はほとんどが初めて経験する事態。
占星学、サイクル理論からメリマンはこの混乱をどのように展望していたか。
2008年の予測を振り返り、2009年のマーケットを展望、
メリマン氏の独占インタビュー音声を聞きながら、皆川弘之さんに解説いただきました。

今年2008年5月の特別番組の時、メリマン氏は原油相場の見通しについて
「間もなく天井をつけ、その後1年から3年以内に50ドルから90ドル下落するでしょう」と回答。

え?!90ドルになる、じゃなくて90ドルの下落もある?!
その頃の原油価格は110ドル~120ドル。90ドルも下げたら、30ドルになってしまう!!

あまりに予想レンジが低いため、ディレクターが再度メリマン氏に確認を取ったりして。
その結果、その数字に間違いはなく改めていただいた回答が
「、、、、30ドルというのは1番きつい下落だった場合です。
恐らく40~75ドルのレンジがターゲット・プライスになるでしょう。」

恐るべし占星学サイクル理論!

あの頃ゴールドマンが200ドル目標とかいうレポートを出したりして、
誰もが原油価格について強気の見通しを持っていました。
原油バブルの崩壊を誰よりも正確に予測したレイモンド・メリマン氏。
「重要変化日」として書籍フォーキャストの中にとりあげられている、
マーケットの転換・加速といった大きな動きが出る日、期間は
プロアマ問わず注目されていますが、
今年2008年の日経平均の重要変化日と実際の日経平均の動向がどうであったのか、
ラジオNIKKEIのHPにて検証チャートを見ることができますのでご覧ください。

来年2009年のフォーキャストは、、、、?!
12月24日(水)緊急発売&特番放送(12/23~オンデマンド配信あり)
聞いてみてくださいね。

さて、先週金曜のドル円90円割れには驚きましたが、
そのまま円高が加速することはなく80円台の滞空時間はほんの6,7時間?!

実は海外にいる友人に「ドルをいつ買えばいい?」と聞かれておりまして、、、
これを聞かれたのが、前回急落の10月24日(金)91円台までの円高局面時。
(、、、金曜は要注意ですねぇ。今回も金曜でした。)

その時点で私は
「今後100円目指す反発あるも再度円高、
その時は90円割れて80円台もあるから、その時まで待て」とメールしていました。

え、それは師匠の見通しでしょ、、って?!(笑)そうです。師匠のビューです(笑)
そのまんま、さも私が見通したみたいにアドバイスしちゃいました!!すみません。

友人は「80円台?!そりゃサイコーだ」という返信メールを送ってきましたが、
果たして先週金曜80円台でドル買いできたのでしょうか。
FXではなくて彼にとっては実需です。
買えてないだろうなぁ、、、数時間の出来事だものね。

しかしクロス円の反騰が凄いですね。週末の急落を取り戻してさらに上がっています。
ドル円よりクロス円のほうがダイナミックです。
クロス円手がけたほうが取れるんですが、、、買いそびれました。

ストレートを見ていると「ドル安」なんですよね。
ユーロドルなんか1.30を抜けてきたかと思ったら早い早い、もう1.37ドルです。
いよいよ大倉さんのいうような、ドル安局面に入ってきたのか?
でも、まだまだ年末に向けて波乱の局面もあるでしょうから、
このまま追いかけて買うのは危険な気も。
フィボナッチでは1.60からの今回の下落の0.382戻しが1.38くらいに位置しています。
戻りという意味でこの辺りまで来るとそろそろ勢いがなくなるのでは??
仮に半値戻しがあるとすれば、1.42くらいのところまで。
今日1.37まで戻っていますので、ここからこの目標までを取るにはちょっと妙味薄い気がしますよね。
むしろ、こうしたポイントで戻り売りを仕掛ける局面かな、、、と狙っていたりします。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】
人気ブログランキングへ



2008年12月13日土曜日

昨日のフォレックスラジオのゲストには
ゴールド氏とシルバー氏をお迎えしてお話を伺いました。
写真をみると、、、なるほど、だいまんさん巧いことをおっしゃいます(笑)本当にそういう色です。
どういう意味?!詳しくは
オンデマンド放送を聞いてくださいね。

 円は調達カレンシーとして15年にもわたってキャリーされてきました。
現在はディレバレッジの状況が続いています。
円キャリートレードは清算され終焉したといった報道がなされていますが、
とんでもないと荻野金男さん。日本に残っているのがまだ50兆円ほどあるのだそう。
当初日銀が試算していた45兆円というのはあまりに少ない数字で、
実際にはこれにレバレッジがかけられたりした分なども加えて倍以上あったとか。
まだ半分位残ったままだというのです。これが再び整理されるようなことが起こったら、、、?!
んーまだ円高圧力が大きいわけです。

またこれまで大きなヘッジファンドの倒産がないのが不思議でしたが、
このヘッジファンド残高が現在もまだ1兆8000億円ほどあるそうです。
これが、12月に入って後
40%ほど落とすとも言われているとかで予断を許しません。
なぜまだこんなに残ったままなのかというと、、、
実は投資家からの償還を必死で抑えているという状況らしいのです。
顧客を説得してたのですね、、、なるほど。

 先日白川さんが介入に触れて発言したことが報道されましたが
あれは誘導尋問にひっかかったようなものだとか。
実際今、この水準で介入はないだろうと岩崎政義さん。
介入はこの3月が最後のタイミングだった?!
今日のドル円80円割れでにわかに介入警戒などという記事が出てきましたが、どうでしょう。
だって介入できる環境じゃないんですもの。3月時点と今では状況が異なるんです。
番組での介入の話も必聴ですよ。
・今日中川財務金融相が「為替介入はまったく頭の中にない」っておっしゃたみたいですね。

 ※参考記事)米自動車救済法の破たんという予想外の出来事に歯止めを失った為替相場では、同時に政府・日銀の円売り介入に対する警戒感が一気に強まってきた。心理的なサポートラインの90円を割り込んだことで「これまで介入は頭の片隅に置いていただけだが、今はかなり神経質になってきた。売りポジションを保有し続けることに対する恐怖感が生まれてきた」(都銀プロップ)という。バンク・オブ・アメリカの日本チーフエコノミスト兼ストラテジスト、藤井知子氏も「円高ピッチが急速になったことで、政府・日銀は円売り介入のタイミングを探ることとなるだろう。一段の円高に歯止めがかかならければ、決断を迫られることになる」と話している。(12月12日ロイター)

またオバマ政権に期待はできるのか?というテーマも盛り上がりました。
顔ぶれを見るとクリントン政権時代に戻ったかのようなオバマ政権。
なんとボルカーさんとサマーズさんは犬猿の仲だとか。
ガイトナーはルービンのパペットで、そのルービンがクリントン政権時に行った規制緩和が
このバブルを作ったとも言える、、、
etc,,,

 荻野さん岩崎さんお二方ともキッパリ「とにかく今のマーケットは短期売買に徹すること!!」
とおっしゃってました。為替のプロはそれでこの10月最高益を上げているようです。
バイ・オン・ホールドの時代は終わりました。
ゲストお二方の投資手法、どんなテクニカルを見ているかなどの
とっておきのお話も聞けました。オ
ンデマンド放送を是非

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

人気ブログランキングへ


2008年12月11日木曜日

んータイミングが合いませんね。
買えば下がるし、手仕舞えば上がる(笑)

AP通信が今日の東京時間にビッグ3の救済法案の内容について、政府と民主党が基本合意に達したと伝えたことで日経平均などは上昇とりました。GMとクライスラーに対して最大で約150億ドル(約1兆4000億円)をつなぎ融資することが柱となっていますが、
早ければ10日にも採決に入るとみられているとのこと。

しかし共和党などの反発は根強いらしく実際に議会を通過するかはまだわかりません。
もし議会を通過しなければ融資が受けられなければ
GMとクライスラーは数週間のうちに破綻するとも言われており、
まだまだ予断は許さないのですが、
さすがにマーケットも売りあきたのか、どちらかと言うと下がりにくくなってきたなぁ、、、
と言う印象です。

なんと大倉さんがドル円のショートを手仕舞ったとのこと。
これまでのシナリオに変化が生じたのでしょうか?
今日はYMTV本音で言わせて」今年最後の放送がありました。
今年のマーケットで起こった様々な事象と現状のマーケットを整理し、
この先の展望を伺いました。オンデマンド放送をご覧くださいね。

クロス円はダウと供に戻り局面入りする、、、、、
週初のこの展望に変化はないのですが戻ったら叩かれるという流れからは脱却できずにいます。
私はポジションを建てるタイミングが大きく間違っているため、
ロングしてもロスカットラインをつけに行っちゃうんですよねぇ。

思い切り下げてくれれば分かりやすいのですが、
ロングを篩にかけるかのような下落を見せたかと思うとその後すかさず上昇を始めますので、
なかなか絶好の買い場を与えてもらえない。
下がったらむしろ自信がなくなり追いかけて売りたくなる始末、、、、。

今週土曜が満月だそうですから、この辺りでこの煮え切らない相場からの脱却をはかりたいのですが、さて抜けるなら上,下どっち?!

ドル円も93円まで上がってきました。
私の中ではクロス円の上昇があってもドル円は上がらないと思っておりますので、
99円ショートは継続したままチャンスがあればクロス円ロングを作りたいと考えています。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】
人気ブログランキングへ



2008年12月10日水曜日

ああ、やっぱり戻り売りなのね、、、、。

昨日思い描いたダウ戻り局面でのクロス円買いシナリオは見事失敗に終わりました。
いえ、まだその可能性はあるのではないかと密かに期待もしているのですが、
ポジションはロスカットで消えてなくなっています。信念あれば貫けばいいのですが、
資金管理上無理でした。要するにタイミング的にみても失敗だったということです。

今しがたスタートした米株ダウ平均はマイナス圏。
このところは引け際に全く違ったトレンドを発生させる癖もあるので
このままマイナス圏推移となるとも限りませんが、やはり戻るにも戻れないということか。。。。

カナダ銀行が政策金利を75bp引き下げ1.50%とすることを発表。
市場の予想は50bpでしたので予想より下げ幅が大きくカナダ売りが進みました。
でもどうかしら、、、この間の米雇用統計のように戻るんじゃない?!
などと穿った見方をしているのですが、かといってカナダ円を買おうという気にはなりません、、、。
カナダの金利1.5%というのは1958年以来の低水準だとか。

ZEWの12月の独景況感指数(期待指数)は予想より強い数字が出ましたが、
欧州通貨が買われるということはありませんでした。

この神経戦にちょっと疲れてしまいました。
トレンドのない相場というのはやりにくいですよね。
思い込みのシナリオを描いてポジションとるのはよろしくない地合いのようです(笑)

明日はYMTV[大倉孝の本音で言わせて]があります。
大倉さんにこのところのマーケットが何を悩んでいるのか聞いてみたいと思います。
チャットによる質問大歓迎。参加お待ちしてます。


【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】
人気ブログランキングへ

2008年12月9日火曜日

雇用統計数字が悪くてもドル買い、、、というここ3ヶ月のトレンドは
11月の結果を受けても継承されました。

アノ数字でダウが上がっちゃうとは!!!!

またしても引け際の魔の1時間です。
急速にダウが買い戻され、ドル円クロス円も雇用統計発表前の水準より上がってしまうという、
やっぱり?!な結果となりました。
いえ、本当にやっぱりならこの動きでも勝てたはず(笑)
私にとってはまさかの結果です。だいまんさんにとっては「やっぱり」な結果だったようです。
今日はFOREXRADIOでたけちゃんのピンチヒッター出演。
だいまんさんにこの雇用統計の結果を受けた市場の動きについて解説いただきました。
そして今後の戦略は?!今週はカナダの政策金利発表が。
ひょっとするとここがポイントとなるかもしれないとか、、、
詳しくはオンデマンド放送をきいてくださいね。
また今回の放送ではダウ平均のリアルタイムの値動きはどこから収集する?!
などのネタでも盛り上がりました。私はコストをかけて情報をとっているのに、、、
他の手段もあるようです。


雇用統計があれだけ悪くてもドル円が上がるというのは強いと見るべきなのかもしれない、、、と不安を抱かないでもないのですが、買う理由も見当たりません。
難しい動きが続きますよね。ビッグ3の行方などまだ爆弾が転がったままですので油断禁物なのですが、なにはともあれ今はダウ平均次第。
ダウの明日をテクニカルで占うほうがてっとり早いのかしら?
雇用統計ひとつとってもそうであるように、ファンダメンタル分析ではこの相場全く勝てません。

ということでダウ平均のテクニカル。
日足では9000ドルを回復しようものならすかさず売り転換となりそうな形に見えますが、、、、
週足では10000ドル回復があっても不思議はない形に見えませんか?
ひょっとすると直近の底入れは完了したのかもしれないとも思えます。
もちろん中長期の大底というわけではありませんが。
となると、ちょっとクロス円が戻す局面に入ったと見ることもできるのでは、、、、などと考えて見ました。


日足チャートがダウ平均とクロス円ってなんとなく似ているんですよね。
ドル円は違うんだよなぁ、不思議。
ということで、私の好きなポンド円もちょっと戻りを入れるのではなかろうか。との発想から今度はポンド円をロングしてみることにしました。先週作った135.80円のポンド円ショート?!
金曜夜は135.70円で指して寝たんですけれど、見事消えてなくなっていました(笑)手数料分考えると利益なしです(泣)


今度のポンド円ロング戦略、コストは137.78円。
大勢は戻り売りで攻めたい相場です。ただ、これだけ売り込まれれば戻りも相応幅くるはず?!
あや戻しというより、相応の戻しです。
これを取るという戦略ですが、大勢に逆らった思いつきのようなポジションですので
逆に行ったらすぐに切ります。
ロスカットラインをどこに置こうか考えてから寝ることにしますね。おやすみなさい!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】
人気ブログランキングへ



2008年12月6日土曜日

キャー凄い結果だわ!
11月雇用統計 NFP ▲-53.3万人ですって?予想は▲33万人。失業率は6.7→6.8%
74年12月以来の最悪の数字だそうです。失業率のほうは93年以来の記録的な高水準。
これを受けてオバマ次期米大統領は
「11月の米雇用統計の結果は経済刺激策が必要なことを示している」と発言。
アメリカは大変なことになっています。

なのに、マーケットの反応は意外に地味じゃない?!
当然ドル売りでしょ、、、、確かにドル売りですが、発表直後に
92.20円→91.58円まで70銭程度急落したもののその後は92円をはさんで揉み揉み。
結局発表前の水準とそう変わっていないじゃない。

むしろ一昨日オージーは強いなんて書いたのですが、
オージー円とキウイ円が弱いみたいです(笑)
リスク資産であるクロス円売りは入ってもドル円は底堅い印象です。

そもそもここ3ヶ月くらいは雇用統計の数字が良かろうが悪かろうがドル買いとなっていました。
ちょっと遡って値動き記してみましょう。

■11月7日(10月分)
NFP予想▲20万 結果▲24万 悪化
失業率予想6.3% 結果6.5% 悪化
ドル円 97.40円 → 97円割れ → 98.40円まで駆け上がる

■10月3日(9月分)
NFP予想▲10.5万 結果▲15.9万 悪化
失業率予想6.1% 結果6.1% 変わらず
ドル円 104.70円 → 104.50円 → 106.10円まで駆け上がる

■9月5日(8月分)
NFP予想▲7.5万 結果▲8.4万 悪化
失業率予想5.7% 結果6.1% 悪化
ドル円 106.20円 → 105.55円 → 108円近辺まで上昇

■8月はNFPが予想▲7.5万に対し▲5.1万でサプライズのいい結果。
しかし失業率が5.6%から5.7%に悪化したことから上へ下への乱高下。
結果あまり変わらない水準に落ち着きました。

■7月3日(6月分)
NFP予想▲6万 結果▲6.2万 悪化
失業率予想5.4% 結果5.5% 悪化
ドル円 106.10円 → 105円 → 106.90円まで駆け上がる

雇用統計後、ドルが大きく売られたのは6月にまで遡らないとないんですね。
6月を調べると、この月はNFPは予想より悪くない。失業率に反応したんですっけ?

■6月(5月分)
NFP予想▲6万 結果▲4.9万 
失業率予想5.1% 結果5.5% 悪化
ドル円 106.30円 → 105.50円 → 105円まで下げ続ける

しかし、▲50万人を超えてくるとは。。。。
今年始めはプラスだったんですよ?!
雇用の急激な悪化にアメリカの置かれている危機的状況が良くわかります。
これでビッグ3が救済されなくなったら一体どうなるのでしょう?
そして、これだけ凄い数字が出ても動かないドル円ってなんだろう?
雇用統計の数字でトレードするのは難しいですね。


昨日木曜はBOE・ECB利下げに注目が集まっていましたが、イベントはその前にやってきた!
夕方、スウェーデンの中銀が18日の会合を2週間も前倒して利下げを発表、
してその利下げ幅はがなんと1.75%!!これを受けた形でポンドとユーロが大きく売られます。
BOE/ECBも大幅利下げをするのではないか。。。。
結局実際にBOE1%、ECB0.75%の利下げを発表したときにはあまり動かなかったのでした。
ちゃんちゃん。

昨日はFOREXRADIO収録に出る前にポンド円136.32円でショートして出かけたんです。
その後スウェーデン利下げのおかげで134円アラウンドまで下げて大成功!!のはずが
食事をして夜中に帰宅してみると137円台にまで上昇して担がれてしまったのでした、、、、。
利食いに失敗です。
そのまま持っていれば今晩の雇用統計で再び134円台まで下げていますので問題なかったのすが、
この水準って何かちょっとしたことでドカンと上げることもありそうなので
一旦損切りしちゃったんですよね、、、、。

でも今日また135.80円で売りなおしています。
耐えられるようなら130円割れまで狙いたいなぁ、、、。

オージー円は強いと思ったのですが意外に頼りにならない。
55円台のロングも利益幅が少なくなってきました。
ひょっとすると大底つけにいくんじゃないか??とちょっぴり自信がなくなりつつあります(笑)
やりにくい動きが続きますね、皆さん良い週末を!!
♥ドル円99円ショートは鉄板保有中。


【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】
人気ブログランキングへ

2008年12月4日木曜日

今日はYMTV「教えてFX」
今更聞けない為替の基礎知識などを確認していこうというプログラムですが、今日は為替を動かす要因について。
企業の為替予約って何?予約はいつするの?どのタイミングで動くの、、、?といった実需の思惑や動向、あるいはM&Aなどの直接投資で為替市場はどのように動くのかとか、外債投資による為替の変動、

介入による変動などどんな材料が為替市場を動かすのかを
高野やすのりさんに伺っています。
詳しくはオンデマンド放送を聞いてくださいね。

さて、昨日はショートで攻めるも担がれて撤退と失敗ディールをやらかしましたが、
結局耐えていたら損切りしなくても良かったのかも、、、という水準に下げてきました。
んーこのところ調子が良かったのですが、調子に乗りすぎると駄目ですね。
目先の動きに飛び乗ったのが敗因です。

では、き・ち・ん・と。どのスタンスで攻めるのか考えましょう。

まずダウ平均がどっちなんだ?!というこのところの基本の指標ですが、
ビッグ3の救済がどうなるのか答えが出てこないことには、まだ波乱がなくなったとは言い難く、
底入れ確認とはなっていません。まだまだ下値リスクを孕む中にあって、
リスク資産である原油などのコモディティとクロス円の買いは手がけにくい。

しかしながら通貨ペアによってはテクニカルが好転。
2番底確認となったのでは?と思えるのが、オージー円。
日足をみると上値も切り下がっているように見えるのですが、
下値も切りあがっているんですよね。要するに三角持合的形状となって来ており、
この先1週間くらいの日柄をこなせばどちらかに放れそうな気がしています。
昨日2日から59.50円から60.50円の1円幅の往来相場が続いており、
ここから攻めるなら60円半ばで売るというより、50円台は買いで攻めたい。
昨日はクロス円全て売りで考えたいと書きましたが、
オージーは60円割れで下に圧力がかかるとは思えなくなってきました、、、、。

逆に弱いのがポンド円。新安値更新中です。
今日136.30円くらいまで下げましたが、この後のサポートは129円台まで見当たらない?!
しかし、新安値更新となっても走らないのが不気味。
新安値更新が騙しになる可能性も排除できないのですが、
やはり個人的にはショートだと思っています。
ただ、あや戻しをやるだけで10円近く動いてしまうのがポン様ですから、
短期ディールでは買う局面があってもOK。
この際148円くらいまで大きく戻ってくれたほうが売りやすいと考えているのですが、
新安値更新しながらジリ安の展開ですと、追いかけて売りにくいのが難しいところです。

ドル円はもちろんショート!!
これはいよいよ90円割れが視野にはいってきたかと思われますが、じらされますよねぇ、
なかなかストンと落ちないので途中で投げたり買い戻したりもしたくなるのですが、我慢我慢!!
ということで、オージー円だけが買い場探しということでしょうか。
もう一度60円を割り込んできたら、買い増すつもりで強気で攻めたいと思います。

今日はもう動かないかしら、、、、。
週末の雇用統計というビッグイベント控えて明日も様子見ムードとなるやもしれませんね。

そうそう、明日はFOREXRADIOですが
現在FOREXRADIOではクリスマスプレゼントのご応募受付中です。
何をプレゼントするかはご応募のお便りの内容次第というだいまんさんの思いつき?!企画。
プレゼントは私が買うことになりそうです、、、何にしようかしら?
11日までクリスマスプレゼントのご応募受け付けていますので、お気軽にご応募を。
応募要項は先週のFOREXRADIOのオンデマンドを聞いてみてくださいね。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】
人気ブログランキングへ



2008年12月2日火曜日

ポン円ショート
オージー円ショート撤退。
テクニカルが好転しています。
ある程度の戻りを覚悟したほうがよさそう。
ドテン買いかなぁ、、、。

さっき書いたブログは消してしまいたい(笑)
戻り売りスタンス継続も
今から大きな戻りが入るということです。

こんなにふらふらしてちゃ駄目かしら。
とりあえずご報告。


【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】
人気ブログランキングへ

惨敗!!

たまにマメにブログにディール書き込んだりと変わったことをすると失敗したりします。
こんなことは前にもあった(笑)大幅下落キター!!なんてはしゃいだらそこが底で急反騰とか。
私が速報タッチではしゃいで書き込みしたらそれは逆を行くと思ってください、、、、。

結果、オージー円59.20円で作ったショートは59.80円のストップヒット。
60円超えの上昇となりました、、、。材料出尽くしかしら。

今日政策金利を1.0%引き下げ4.25%にするとの発表がありました。
市場予想では、0.75%でしたので 1%幅の利下げはサプライズでしたけれど、
これで売り込まれることはありませんでしたね。オージー円60円下は買いなのかなぁ。
根っこのポジションは55円台の買い、
(ディーラーは基本ポジションをこう呼ぶのだそうです。高野さんに教えていただきました)
これは継続中なのですが、、、
高野さんがここをも(前回安値)割り込む下落があるかも~などと脅すので(笑)
別口座で短期でショートポジションを作ってヘッジしようと思いついたわけです。
思いつきで、しかも目先の動きに飛び乗るのは禁物ですね。

ポンド円は耐えてます。137.75円でショートし、138.50円まで担がれたのですが
オージー円のように直近高値を超えるような上昇ではなかったので、まだあや戻しだと判断。
今日137.07円まで下げ、年初来安値を更新していますし、
ここが大底と言えるような材料は全く見えてこない。
このまま持ち続ければまた下げると思うのですが気がかりなのが明後日のBOE政策委員会。
今日の豪ドルが予想外の利下げ幅でも下げることなく、むしろ強い動きを見せたことを考えると
どれだけ大きな利下げをやろうともそれはすでに織り込み済みなのではないか。
材料出つくしでの急反騰も在り得るということを覚悟しなくてはいけない気もします。

師匠の言うようドル円が90円割れるのがターゲットだとするなら、
クロス円もショートで問題ないと思うのですが、、、、。
ただ、オージー円は前回安値を割らないと願いたい!?(笑)
これもどこかで逃げておいたほうがいいのかしら??

しかし、昨日の夕方からの急落で味をしめたところでの竹箆返し。
今日2匹目の泥鰌を狙ったのは私だけでしょうか、、、、。

この急落の後の買戻し局面ではこんなニュースが材料視された模様。
ポールソン財務長官が新たに1500億ドルの銀行に対する資本注入を計画しているとの噂。
どんだけお金をつかうのかしら?!
でもこんなニュースを材料に上がったのならむしろその高値は売りよね。
だってこのところどんな材料も1日と持たない地合がつづいているんですから。
ゴールドマン・サックスだって9─11月期の純損失額が20億ドルだそうですもの。
ドル円・クロス円下落の地合はまだまだ継続だわ!!

ということでオージー円は新たに売りなおし。60.05円で作り直しましたが。
さてこのポジションは失敗しないことを願って今日はもう休むことにします。


【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】
人気ブログランキングへ

今晩も来た!

今ポンド円とオージー円売りました。
結果はまた後ほど。

2008年12月1日月曜日

なんだかよくわかりませんが、突然来たっ!!

欧州時間からのドル円・クロス円急落。ちょっと油断してませんでした?
短期のファンド筋が売ったという解説があるくらいで他にこれといった材料なし。
ストレートを見るとドル高なんですね。ドルが買われている。
またポンドが際立って弱いようです。

今週はイギリスやEU、オーストラリア、ニュージーランドの金融政策会合がある他、週末には米雇用統計というビッグイベントを控えて波乱含みとなることも覚悟していましたが、
東京時間のマッタリした動きを見ているうちに、もしやもうクリスマス休暇モードに突入で
このままクリスマスが明けるまで動意がないのかもしれない、、、
などと考えたりしていたところに!でした。
欧州勢もまだまだ休んでいる場合ではないようです。
それにしても東京時間、、、、ホントに動かないのね。

何故にポンドが際立って売られたか。
あまりニュースソースがないんですよねぇ。
必死に探したところ
100年以上の歴史を有する英銀スコティッシュバンクが経営破綻したという報道があったようです
今朝から預金の受付を停止し、管理機関の監視下に入ったとかで、
これがポンド急落の要因と思われます。
後追いニュースが全くないのが不思議なのですが、これが事実なら今日の下落に留まらず。更なるポンド売りが入ってもおかしくないでしょう?!
BOE政策金利は現状の3.00%から2.00%へ1%の利下げとなるとの予想が多いようです。前回1.5%という誰も予想しなかったスケールでの利下げをやったばかりなのですが、
今回も大きく引き下げざるを得ない状況に追い込まれているのでは、、、?!

ポンド円は11月20日に137.70円アラウンドまで下落して、
10月24日金曜の悪夢の暴落日の安値を割り込んでしまっているのですが、
一旦は反発して147円どころまで戻していました。
(キウイ円・ポンド円・スイス円以外の通過ペアは10月24日が大底です。今のところ)
今日再び140円を割れるのか?というところまで急落しているのですが、
今週のBOEの結果如何では11月20日の大底を割り込んで
129円台までの下落トレンドを形成するのか、いい加減底入れするのか見極められそうです。

自分でも凄いと思うのが、今日の午前中に146円ジャストのポンド円ショートを作ったこと。
テクニカル的に売りたい形に見えた。東京時間あまりに煮え切らない動きを見せたので一旦退場しようかどうか迷っていたのですが、
切らなくて良かった!見事140.33円での利食いに成功しました。
再度売りなおそうかどうか現在思案中ですが、
少し揉むか戻るかしないと下げないと思いますので、様子見とします。
・ECBは3.25%から2.75%へ0.50%利下げ予想がコンセンサス。

そしてさらに、正解だったのが、先週金曜にドル円99円ショートを一旦手仕舞おうかどうか悩んでいたのですが、切らずに耐えたこと。
あまりにもレンジが長かったのでうんざりしていたところへの急落。
投げていたら激しく後悔していたでしょう。
もちろんこのポジションは目標90円割れまで継続して持ち続けます。

そうそう、師匠からメールがありました。
師匠、前回の下げの時に途中で少し利食ってしまって後悔したようです(笑)
今週はもう一回97円あたりまでの戻しがパターンのように見えたそうですが、
今回は上で作ったポジションはターゲットまでキープすることがテーマだとか。

結構すぐにターゲットいくかもしれない。
もしいけば89円割れ程度か?
これは新たに検証が必要。
これから正確なターゲットポイントを算出する作業にかかるそうです。
続報待て!!

そうそう、今朝NHKが「日銀が臨時の金融政策決定会合を開催する」と報じたようなのですが、
後追いニュースがない。何故?2日にも開催とのソースを発見したのですが、再度探すと消えている?!ミスリードだったのでしょうか?
だってこのニュースが出たという割には東京時間のあのマッタリした動き、、、
緊急で何かやるとするなら利下げでしょうか?
それなら円売りとなるはずですが今日は円高でした。よくわかりません、、、、。

今日12月1日日経新聞夕刊、ラジオNIKKEIの広告に顔がでかでかと、、、、
このサイズで顔写真が新聞に載るのって凄いですよね。
あ、このブログのタイトルと写真が一緒、、、。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

人気ブログランキングへ


※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社