2009年9月30日水曜日




これが介入じゃないなら一体何が起こったのよ?!
というような凄まじいチャートとなっているのは
ユーロスイスとドルスイス。

SNB国立銀行は介入についてコメントしないということですが、
まず介入があったに違いないという動きです。
そういえばここのところ介入がないね、なんて話も出ていたのに
あまり気に留めていませんでした。
レベル的には充分介入期待でポジションとっても
いいところまでスイスフラン高となっていたので、
後になってチャートを見て悔しがったりしています。
何度介入しても繰り返しもとの水準まで戻されてきていますので
この介入高値を売り叩くというのも、妙味ある手法だと思いますが
私は基本的にスイスフランをあまり見ていないので手出し無用か。

さて、週末の雇用統計の前哨戦ADP9月全米雇用リポートが出ました。
非農業部門雇用者数は前月比▲25万4000人減と市場予想平均よりも弱い結果。
ところがその後4-6月期米GDP確定値が前期比年率0.7%減と
改定値、市場予想平均よりいずれも強い内容となりました。
さて市場の反応は。。。。
ドル円ではドル買い、ユーロドルでもドル買いです。
ADP結果よりGDP確定値に反応したということですね。

ただドル円の上昇はそれほど大きいものではなく、
決して底入れ確認できるような状況でなないみたい。
大きく動いているのはポンドドル。ドル買いポンド売りに反応していますが、
日足のH&S形状からの戻りがネックラインに達したあたりで
このニュースが重なっての下落。これは大きく下げるサインかもしれません。
というわけでポンドドルを1.6011でショートしてみました。
1時間足ではまだまだ雲の上なので油断は出来ませんが、
1.5375くらいまでポンドは売られるんじゃないかと日足を見るに感じている次第。

ドル円より簡単なんじゃないかなぁ、、、

今日は荻野金男さんとのYMTV
テーマは「新興国通貨のドル離れ?」
ドルキャリー取引なんて言葉が聞かれる昨今、
ドル安は今後も続くのでしょうか?
そして新興国通貨の今。
なんと人民元がその存在感を大きく示し始めたとのことでG10通貨リスクが新興国に比して上昇しているとの驚きの解説が。
人民元の国際化は基軸通貨の高まりとも見ることが出来る、、?!
その背景にある動きとは?詳しく伺っています。

そうそう、荻野さんから外貨準備の解説もありましたが、
最新のデーターが出てましたので引用しておきます。

国際通貨基金(IMF)は30日、
2009年第2四半期の外貨準備に占めるドルの割合が62.8%と
第1四半期の65%から低下したと公表した。
また、ユーロの割合は25.9%から27.5%に上昇し、
円も2.9%から3.1%に上昇した。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



今日は9月最終日。期末です。
「今日までに売らなければならないとか、買わなければならない実需の動きに注意」
ということになりますが今朝90.40円程度にあったドル円は仲値に向けて急降下、
89.66円くらいまで一気に下げています。
ここは戻り売りで攻めたいと思っていた局面でしたが、売れませでしたねぇ。

もっと戻ってからと思っていたの。
藤井財務相が発言を大きく修正してきた割にはドルの戻りは弱いですよね。
29日には円相場について「少し急激すぎる」「異常な事態になれば、いろいろなことがあり得る」と
介入も在り得るといったニュアンスに軌道修正。
今回の円高は藤井財務相犯人説が多いのですが、
本当にそうなら軌道修正発言とともに大きく戻ってもいいんじゃない?!
個人的には藤井氏発言のインパクトが大きかったのは当然としても
それ以外にも今回の円高要因がいろいろとあるんじゃないかと感じています。

前回安値1/21 87.06円を試しに行くようなムードですが、
日足チャートをみると、今回の28日の足が下髭の長い十字線となっており
ここは一旦の底入れにも見えるんですよね。

なんかね、皆が円高に傾いちゃってる気がして。
ひねくれものの私はちょっとこのムードがイヤなんです(笑)
俯瞰でみればここは絶好の買い場かもしれないって気もしませんか??
でも、介入を挑発するような円高にならないと気がすまないという動きとなるような気もするし。

あれ?気がするとか気がすまないとか、そんなことばっかり書いてる(笑)

マイルールはどうしたーーー!!って渇が入りそうですが、
そんな風に悩んでいるようなら手出し無用ってことかな。

しかし東京時間お昼の相場ってホント静かです。。。。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

2009年9月29日火曜日

ドル円90円割れですか、、、、9月にこんなにも崩れるとは。
88.23円までの円高ドル安。
この円高には藤井財務相の一連の発言が大きく影響していると言われています。
今朝も最近の円相場の動きは「異常ではない」との認識を示したとのこと、
これで円高が一段と進んじゃったわけですが、
一部短期筋からは「もう介入までずっと売りでいい」と、
当局への挑戦とも言える声すら上がった。(ロイター記事から)
ということで今日のダメ押し円高の犯人はやっぱり藤井さん。
マーケットが挑発し始めた?!
「介入催促相場」じゃないけれど(笑)
どこまで藤井さんが耐えられるのか試してやろうってな動きで、
円高が進行する可能性も。

流石にまずいと思ったのか、藤井さん今日午後になって
「円高を放置するとは一言も言っていない」と火消し発言。
この発言が効いたのか今日は89.50円近辺までの戻りを入れていますが、
自立反発の域を出ないムードで、これで底入れしたとは到底思えませんね。

ではここからさらに円買いでいいのかというと難しいところですね。
トレンドは完全に円高ドル安ですが、短期的には突っ込みすぎな感じ。
前回安値の87円台を見る円高があることは充分に想定できるのですが、
流石に一度戻るんじゃないかって局面です。
まさに 買うも怖し売るも怖し

私は今はちょっと手を出したくないなー
90.50-91.00くらいまで回復してくれたら売りたいのだけれど・・・。

ポンド円って個人投資家の買いが過去最大に積み上がっていたんですってね。
これがストップロスを巻き込んだ形で崩壊、
投げに投げが出てポンド円が急落した模様。
過去最大ってことがわかってたらもっと自信を持って売れたかも!!
先週末ポンドドル1.6005で売り指値置いて寝ちゃったんですが、
翌日チェックしてみたら約定してさらに下がってる!!
そして今朝、一段安となったところで利食いに成功。
久しぶりにサクッと取る快感を味わいました。
事後報告すみません。
このまま保有していれば中期的にはもっと下がると思うのですが
目先一時上がると思うと持ち続けられません。

ポンドの今後については今日のFOREXRADOで詳しくお話聞いてます。
今回のFOREXRADIOはだいまんさんがほとんど話してません。
YEN蔵さんと頑張りました(笑)

今週は月末月初にあたるのでイベントがたくさん。。。。
上半期〆の9月30日の仲値レートがどのくらいの水準かも意識されるところですし
週末には雇用統計も。YEN蔵さんは雇用統計前には今回の円高決着がついてるのでは?
と予測しています。短期的に、、、ね。前回安値を更新してさらに円高に行くか、
このまま反発して戻せるのかは週末を待たなくてもわかるということですが、
さてどんな動きとなりますか。
個人的には雇用統計後の高値(安値)を逆張りで攻めるディールで
上手く行った経験が忘れられず、今回もそんな展開に期待してるんだけど♥
今晩はノーポジ。今はポジションもって寝るのは怖いものね。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】
人気ブログランキングへ

2009年9月25日金曜日

ポ、ポ、ポ、ポンドが酷く下げていますっ。

大将大倉さんのブログを覗くと、
BOEキング総裁がポンド安容認というか、誘導発言をしたようですね。

すっかり田舎でのんびりした空気に浸りきっているものだから、
この大きな好機をだた傍観しているわけですが、
ポン様ウォッチャー(自称)としてはシルバーウィークとかなんとか、
日本のお休みに合わせて休んでしまった不覚を反省するばかりです。
為替は世界中のどの国が休んでいても24時間常に動き続けているんだわ。
当たり前のことを再認識。、、、、あ~ん、ポンド円144円ですってぇ~!?

しかし、さすが大倉さんです。
大倉さんはだいぶ前からポンドショートで攻めていました。
ポンドに買える材料などない、その信念でじっとショートで粘っていましたので
今回のポンド独歩安で大勝なはず!!

大倉さんの
「ドル円以外の通貨に滅多に手を出さない俺が動いた、、、
ってことだよ。わかるか?!(笑)」という台詞が蘇ります。
そういえば大倉さんがポンドを手がけたことって殆んどなかったっけ。
私はというと道中でチョロチョロ出たり入ったりして利益は雀の涙。
肝心なところで滅多に手を出さないドル円に浮気をして(笑)失敗、
ポン様には思い切り振られてしまったって感じよね(笑)
器の違いを見せ付けられたわ・・・・(泣)

あわててここからポジションとっても危険な気がするのだけれど、
しばし戻り売りで取れそうな形なので、
戻ったところに売り指値でも置こうかとおもっているところ。
実家のPCのパフォーマンスが良くないので本当は取引は控えたいのだけれど、
今回のポンドの下落トレンド、チャートを見るに崩壊に近い形に見えますので、
ここからでも十分参戦できそうよ。
注文がヒットしたらまた報告しますね。ポンドドルのほうがいいかな?

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】


人気ブログランキングへ

2009年9月24日木曜日

シルバーウィークという言葉がすっかり定着た今回の秋の大型連休、
でもカレンダーの並びが揃わずとのことで
次回の大型連休は6年後とかなんとかで、
その呼称が定着するのかどうかには疑問が残りますね。
誰がシルバーウィークって名前をつけたかというと
ウィキ情報によると三菱電機ビルテクノサービスが行った
アンケート結果で1位だったことがテレビなどで放映され、
国内外ツアーを企画する旅行代理店などがこの言葉を使い始め
一気に定着したという記述がありますので、
国民がつけたということになっています。ふ~ん。

そうそう、ゴールデンウィークって映画業界が生み出した言葉なんですよ。
だからNHKは長いこと「特定の業界支援に繋がる」という理由で
ゴールデンウィーク呼称を使わなかったという経緯があります。
ゴールデンって響きはいいけどシルバーってさ、、、、

あ、なんかノンキ過ぎ?!

すみません、世間のSWはもう終わってしまいましたが、
私はまだSW気分のままなんです。
まだ故郷福島にいるんです。実家のPCからのブログ更新ですが、
この父のPC、長いこと電源をいれずに放って置いたみたいで、
バージョンアップしろとか、更新しろとか、
セキュリティ上問題があるとかなんとか、
いろいろと問題があって(笑)
そのたびに再起動を繰り返し、まともに動かせるようになるのに
半日かかりました。それでもなんだか重いし、、、。

というわけで、チャートなんかも自宅で見ていた環境と同じように
みることが出来ないので、感覚が戻らぬままでいます。
どのPCを使っていてもトレードできるように、
インストール型のチャートソフトではなく
ブラウザ型のトレードツールを使用していると言ったのは誰だったか、
なるほど、特定の環境でないと勘が戻らないようでは駄目ね、
なんて改めて思っています。

SW中も今辛うじて動いてくれているPCで過去を手繰ってみるに
それほど大きく動いているわけではなさそうですね。
FOMC声明にドル売りが一時的に加速した程度でしょうか?
出口戦略には程遠い内容とのことで、
ドル円は再び90円台まで下げてきました。
個人的にはこのまま90円割れがありそうな予感がしますが、
今度の日曜までこちら福島滞在予定で、
いろいろとやることがありますので
ポジションは取らずにおきます。人気ブログランキングへ

2009年9月18日金曜日

一筋縄では行きませんわね。


ポンドドルも思うように下げてくれないのでマイナスになる前に手仕舞い!

1.6535ドルにて撤退です。やっぱりドル安圧力が強いようです。

金価格は1000ドル大台を固めそうですし、

東工取の金価格も今日は3000円の大台に乗せてひけました。

(東京の商品価格は円高だと売りに押されるのですが・・・・)

金が強いうちはドルは安いということでしょう。

基本はユーロドルですが、他通貨でもドルは売られています。


そう思ってポンドドルを手仕舞って

ドル円ロングを作ったのですが、、、、


今日は白川日銀総裁発言にやられましたーーー


「円高は物価を短期的に下げる要因になる」とかなんとか発言されたので

円高容認と取られても仕方ない。昨日の藤井財務相に続いて今日も

円買いがはいりました。


私今日90.80円でドル円ロング入れて、90.55円にストップ置いておいたんです。。。。


まさに私のストップつけた後に反騰したって値動きになってません?!

その後91.60円超えまで上がってるじゃない~

だいまんさんに「ストップの置き方が下手」と叱られちゃいました(泣)


もー!!


さすが水星の逆行期ね。思うように行かないわ。


ということで、ちょっと休みます。

ドル円は90円が鉄板のようにも見えますが、確信は持てません。

買うなら90.80じゃなくて90.20とか、キワで買わなくちゃだめですよね。

今度動く時はキワで動きます。半端なところで入場すると振り回されますもの・・・。


さて、今日のFOREXRADIO

くりっく365唐鎌大介さんをゲストにお招きしお話を伺いました。

唐鎌さんに前回ご出演いただいたのが昨年1030日、、、、

まさにリーマンショック後の混乱期です。

昨年は10月だけでドル円15円下ポンド円は50円以上下げた異常事態でしたが、

それから1年。くりっく365の取り扱い通貨も増え、リーマンショック以前の残高に

戻したそうですから、個人投資家も戻ってきているということですね。

そういえばくりっく365の顧客ポジションって結構皆さんチェックしてるものね。


そして、今皆さん関心が高いレバレッジ規制についてや

大証FXについてなどお話伺っています。

・・・↑ちょっと聞きたいでしょ。

大和証券がこの秋からくりっく365に参入するそうです。


またちょっと驚いたのがスプレッド、OTC業者より良いコストで

取引が出来る?!今日は個人投資家のまー君も飛び入り参加

くりっく365のスプレッドについて話をしてくださいました。

白鳥の被り物で登場したのでびっくりしましたけど、、、、。


オンデマンド放送、聴いてくださいね♥


豊商事でもYUTAKA24でくりっく365での取引が出来ます。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

人気ブログランキングへ

2009年9月16日水曜日

リーマンショックから1年。
まさか政権交代が実現しているとは思いもよりませんでした。
あの後アメリカでも大統領選があって政権交代したんだっけ。

未だにリーマンを潰したのは間違いだったとの指摘も根強い中、
世界は大量の資金供給で急場は凌いだかに見えます。
しかし景気が回復している実感はなく、供給された資金が株や商品などの
マーケットに流れ込んできただけのような気もします。
それってハリボテでしょ。
って慎重論が燻る中でのダウの年初来高値更新、
金は1000ドル台値固めのような強さですし、
原油は再び70ドル台に乗せてきています。

ただ、昨今のドル安進行には不穏なものを感じずにはいられません。
ジャブジャブになっちゃったドルなんて欲しくないってことでしょ。
ドルの価値の希薄化は金やエネルギー高に繋がります。
現在は投機による上昇なのかもしれませんが、
これが一度インフレだとの認識に変わってしまえば
未踏の領域に入ってくるのでは、、、?!
原油は時折需給が焦点になりますし(今はほぼ無視だけど)
高すぎると株価にも打撃なので、あまり上げられないかもしれませんが
金は上がっても困る人が少ないものね。
インフレが囃されるととんでもないことになるかもしれません。

おっと、今日書きたかったのはこんなことじゃないの。

民主党政権下では「円高容認」なのか?!ってことを書きたかったんだっけ。
いよいよ今日鳩山内閣が発足。
為替市場の関係者の最も大きな関心は財務相。

就任直前の今日午後、外国為替市場の円高傾向について
「緩やかな動きであれば介入には反対だし、介入できない」と発言。

これを受けて1ドル91円近辺で推移していたドル円が90円近くまで下落。
マーケットには大きなインパクトとなりました。

共同通信記事によると財務省幹部は為替介入についてコメントを控えるのが通例で、
藤井氏の発言は異例。 でも藤井さん、ちょっと前からこんな発言を繰り返してましたよね。
藤井さんのご経歴をみますと、

藤井氏は1993年8月に発足した非自民8党連立の細川護煕内閣で大蔵大臣に就任。
直後の同月17日、財務省が公表している91年5月分以降では当時の過去最高額となる
2002億円の円売り・ドル買い介入を実施。
戦後初の100円突破が迫っていた円高・ドル安を100円35銭で食い止め、
ひとまず反転させた経緯がある。

ということですので、一部には介入実行力のある人物との評価もあります。
現に、

藤井氏は3日、ブルームバーグ・ニュースとのインタビューで、
為替介入は基本的に「あまり乱用すべきではない」が、
投機的で「異常」な動きに対しては「介入してもいいというのが1つある」

と述べており、こうした発言をうけて

野村証券の池田雄之輔外国為替アナリストは、
鳩山由紀夫次期内閣で財務相就任が有力視される藤井裕久民主党最高顧問が
約16年前の蔵相時代と同様に、外国為替市場での円売り介入を決断する公算があるとみている。
日米欧の通貨当局がドル買いの協調介入に踏み切る可能性も否定できないという。
(Bloombergから)

どっちなんだろうなーーー
今日の報道の方向は「藤井氏発言円高容認」といった色が強かったのですが、
異常な動きになれば話がかわってくるというわけですね。
これまでの自民党政権が継続していたなら、
異常な動きでも介入は出来なかったのだろうか?
そもそも、異常な動きって?!
レベル感なのかな。85円割れとか・・・・。
政府・日銀は04年3月を最後に、為替市場介入を実施していません。

そしてドル円やっぱり90円にはなにか潜んでいる模様。
そうやすやすとは割り込みません!!
今は再び90円半ばまで切り返してきています。

90.58で買ったドル円ロング。昨日91.50くらいまで上がったのですが、
今日は藤井さんのおかげで台無し・・・・。
もっともっと上がると見ていたので利食わず置いておいたら
コストにおいておいた逆指値ヒット、利益ゼロです(泣)
もう一度買いなおそうかしら・・・

ポンドドルショートは継続中。
ショートした後暫く担がれてましたが、昨日ポンド独歩安局面がきて助かってます。
理由はキング総裁が「準備預金の金利の引き下げについて検討している」と発言。
一段の英金融緩和観測が高まっています。ポンドはこのまま下げるんじゃないかしら。
ただ、ボラタイルなので時折ヒヤヒヤする上昇をはさみますけれどね。

明日のFOREXRADIOはくりっく365の唐鎌氏がゲストです。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

2009年9月14日月曜日

今週はリーマンショックから1周年「9月15日」がやってきます。
リーマンから1年と言う記事がいろいろと見受けられます。
CEOファルド氏はCEO在職期間に510億円ほど収入を得たとされていますが、
リーマン株の暴落でそれ以上の損失をこうむったとも言われています。
それでもまだ4件の不動産を所有しているようですし、
マンハッタンに「マトリックス・アドバイザーズ」とかいうネーミングセンゼロな
コンサルタント会社を設立しているようですから、意外と優雅なご様子。

破綻から1周年だから何よ。ってな話ではありますが、
それを意識した警戒売りが予想されていたりします。
今週は株価が落ちるかもなんてシナリオがあったりしますが、
1周年だから株が下がるなんてなんとも強引な理屈だよなぁ。
しかしながら実際に今日月曜の日経平均の下落は大きかったですね。
このまま調整くるのかしら?

為替市場は先週まで加速していたドル安の流れが止まったようです。
これは、、、、ここから暫く先週までと逆の動きが来る予感。

先週末のブログにドルキャリー取引の勃興などと
ドル売りが本格化するのはこれからだなんて書きましたが、
それは大局での予測。大きな流れのことであって
細かく見ていけばもちろん調整をいれながら、押し目を作りながら
トレンドと言うのは形成されるものです。

なんて言い訳をしているのは
ドル買いをしたからです(笑)

ドル円 90.58円ロング
ポンドドル 1.6570ショート

ポンド円などのクロス円はね、綱引き状態で難しいから手を引いたわ。
今は「ドルの行方」がマーケットの焦点ですから
ドル円か、ストレート通貨を手がけるほうが素直に取れそうよ。

ドル円は90円割れにはいろいろと思惑もありオプションも相当並んでいるとかで
このまま簡単には下がらないって、皆さんおっしゃいますし。

皆さんってのは日曜日に開催した為替オールスター番組
大倉さん、だいまんさん、荻野の金ちゃん、YEN蔵さん。
会員限定プログラムですが、3時間のプログラム、後半ではディスカッションもあり
荻野さんのロシア語と歌とインド人の英語などのエンターテインメントもあって
大いに盛り上がりました!!大倉節も炸裂で爆笑セミナーでしたよ(笑)

皆さんの見方はもちろんそれぞれ違うのですが、90円割れがこのまま素直に来ないと
いう点では一致していました。

え?!それが理由でドル円買ったわけ?!(笑)
相変わらず自分がないわねーなんておっしゃらないでください。
私が見ているテクニカルで買いサインも出たのよ。だから買ったのよ♥
15min雲は入り口を探す時にわりに使えます。

ポンドドルはもうシンプルに。
日足でのヘッド&ショルダーを作りに行くと見えたから。
さらに60分足の雲を下に抜けた。
時間足は15minよりも確信をもてる。

いまんところ、ベストエントリーだわ!!
イグジットポイントはどのあたりかしらー
ドル円はまず95円目標かな。
ポンドドルは第一目標1.6125
美しいH&S完成となるなら1.6040くらいまであるかも。

というわけで今回はちょっとじっくり持ってみたい。(希望)
でも、これは短期シナリオです。

このドル戻しのトレンドが終わったら、また「ドル売り」します。
こっちが大局シナリオですものね。
幸運を祈って!!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

2009年9月12日土曜日

ドル安が止まりません。
ドル円は91円割れ。
何度も跳ね返されてきた91.70円付近で多少の抵抗も見せましたが
気がついてみるとあっさりと。
でも走るという感じじゃなくて、ずるずる~って崩れ方だから
逆張りで買い向かった人も多かったんじゃないかしら?

私が保有してたポンド円ショートはかなり苦労しましたが、
今日のドル円の底割れで助かりました。
だって、、、、昨日の思わぬポンド高。損切りしようかとかなり悩んだわ(笑)

昨日10日(木)BOEは政策金利を現行の0.50%に据え置き決定。
資産買取プログラムを1750億ポンドで据え置くことも発表。
一部には規模を拡大するとの思惑もあったらしくて、
声明後にポンド買い優勢となりました。

しかし、これを材料にトレンドが出来るとは思えず。
ドル円がじりじり円高になると読んでいたので、耐えました。
そして今日151.91円で仕切りましたー!
駄目ね・・・・当初150円割れくらいまで見ていたはずですが、
アゲインスト状態が続くと、薄利でも一旦逃げたくなったりしません?
とりあえず、一旦楽になりたかった(笑)
その後151.円くらいまで下げてるんだけど・・・・。

それと、さすが水星の逆行期、凄いボラタイルな値動き。
ドル円での円高トレンドは終わってはいないと思うのですが、
一度大きく戻りを入れてきそうな予感。
ここからの新規での突っ込み売りはモチロンNG、
一度利食いを入れる局面ではないかと。

止まらないドル安にしても、ちょっともたついてきたでしょ。
(キウイだけは別。キウイドルの猛伸は一体何?!
 ボラードさんの木曜の「NZドルは過大評価されすぎ」と言った声明は
 まるで無視されてます。)

次の一手はちょっと様子を見てから、、、、かなぁ。
これだけ動いている相場でも、セレクトする通貨を間違えて
あまり利益を出せずにいるのが悔しいのですが、
利益が大きく取れたドル円、ストレート通貨にしても
ここから追随するには勇気がいりますもの。

日経新聞あたりが「ドルキャリー」という表現を使っていますが、
もしこれが永続的トレンドとなるようなら、長い事ドル安が継続する事と思いますが、、、。
ドル安の背景には、「出口戦略」発動が大幅に先送りされるとの観測で
ドルLIBOR金利が過去最低を更新していることも大きな要因とされています。
ドルの調達金利の大幅低下で、ドルキャリーが活発化、これが
米国株式市場や金市場、資源国通貨などに流入している模様。
キウイって資源国通貨とは呼べないと思うのですけれどね・・・。

そうそう、気がついたらドルスイスが1.05ドルをスコーーンと割りこんじゃいましたね。
スイスフラン急騰です。まあ、どの通貨に対してもドルが滅多売りな地合いですもの、
別段驚く事じゃないのですが、この1.05ラインってスイス当局が死守しているものかと
思っていたのでちょっと拍子抜け。
1.05が近づくと繰り返し介入を行ってきたスイス当局ですが、今回は諦めたのかしら?
どうも、昨日スイスフラン売り介入のウワサが駆け巡ったようですが、
これを意識するあまりに介入がないのに介入と勘違いされるような
動きに乱高下する場面もあったようです。

*追記 介入が繰り返されてたのってドルスイスじゃなくてユーロスイスだったっけ?!
     ユーロスイスは1.50がサポートで介入が入るパターンでしたが
     まだそのラインまでには余裕があるようです。現在1.51ドル
     
個人的には一国がこのドル安の流れを阻止することに匙を投げた(ように見える)ことは
今後のドル安のスケールの壮大さを物語っているような気がしてなりません。
ここは戻ったら(調整したら)このトレンドに乗らない手はないのではなかろうかーーー?!
キウイのボラード総裁無視の上昇を見ても
止まらないドル円での円高を見ても
ドルキャリーはここから本格化するのかもしれません。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

2009年9月10日木曜日

ちょっと苦戦してます。
鮮明なドル安相場なんだから、
ドル円とかユーロドルとかポンドドルとか、
ドル絡みでポジション作るべきでしたね。
いくらポン様が好きでも、この局面でクロス円は難しすぎました。
まだ切ってませんが、、、、。

勢いは失速しているもののドル安の流れは継続しているようです。
ユーロドルは1.4600ドルまで、ドル円は91.58円まで下落。
完全に直近のサポート割れ・レジスタンス超えとなっていますので
順張りで流れにつけ!!が正解かと思います。
ただし、調整なり押し目なりを狙って入るのは基本ですけどね。

クロス円はトレンド見えにくく
結局レンジ内での推移という感じですが、
今の相場の見えにくさというのは
金が1000ドル台に乗せ、原油も再度70ドル台に返り咲いているというのに
株価に調整を強いるでもなく、、、、といったなかでのドル売りなので、
「リスク選好」での資金流入かと思いきやクロス円では円高だというところ。
リスク選好ならもっとクロス円で円安進行となるはずが
そういうトレンドは鮮明になりません。

どんな相場でも教科書的模範解答など後講釈にすぎないので、
今を見極めるのは困難なものですが、
それにしても、今、相場が何をテーマに動いているのかしら・・・・。

金価格1000ドルまでの急伸が何かを物語っているとするならば
何かネガティブな予測の元に資金が金に投資しているか、
インフレを懸念しているといった緊急事態ともいえます。
でも実際はそんな緊迫した感じじゃないしなぁ。
株価だって高値維持でしょ。
金急騰も単純にファンドの買いが集中しただけのようですし。

金価格の今後については、
今日のマーケットトレンド番組で聞いています。
オンデマンド放送聴いてみてください。

一気に崩れないので躊躇が生じるところではありますが
ドル円は直近安値を更新しているのですし、
このまま円高はジリジリと進行していくものと思います。

素直にドル円でショートすれば良かったのですが、
私はどの局面でもポン様ばかりを追いかけているので
実は解りやすい相場を勝手に難しくしてしまっているのではないかと
反省しているところです。
う~ん。ドル円崩れればクロス円も崩れるだろう予測に
もう少し賭けて、ポンド円ショート、まだ耐えてみようと思います。
煮え切らない夜・・・・

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

2009年9月9日水曜日

ユーロドルが噴火!!1.45ドルを超えるとは。。。。

ユーロが強いというより「ドルの独歩安」のようです。
ストレート通貨をみると全てに対してドルが売られています。

何故かしらん。

国連が昨日7日発表した報告書に、
「新たな世界準備通貨を創設し、国際貿易でのドルの役割を軽減することで、
新興国市場を金融の思惑的な「信頼感競争」から保護する必要がある」との
提言があることが意識されているのでしょうか。

お陰で金価格は1000ドル突破です。
原油価格も再び70ドル台に返り咲き。
インフレの芽が出てきたか?・・・・ってこれは気が早いか(笑)

ドル円はこのまま90円を割り込んで、87円くらいまでの円高になる
って見方が増えてきました。このままの勢いで到達してしまうのか、
時間をかけて年内の目標とするのか、タイミングは難しいのですけれど。
ゴールドマンが「ドル円105円目標」とか言ったのはつい一ヶ月くらい前でしたが・・・・。

ドル安なのでドル円では円高となっていますが、
クロス円は結局どっちにも動けない。
あんまり妙味がないですが、、それでもユーロ円やスイス円など
欧州通貨が買われてきたようです。
ポンド円もこの流れに連れて買われるかな?
このまま154円台乗せまで買われたら売りたいなぁー
そこまで上がらないかもしれません。
今日あたりの上昇がいい戻り高値となってしまうかも。

ということで、152.57円でポンド円打診売り。
ドル円はこのまま90円割れまであると思うんです。
となったらクロス円も崩れるはず。。。。
ストレート通貨でのポンド買いの勢いが強いと困っちゃいますが、
今回のドル安がトレンドになるものとは違う気が。
ポンドドル日足をみると雲を抜けるのは厳しそう。

これから水星の影響で荒れるというのに
この思いつきディール。いつまでたっても成長のないボラタイルな日々です。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

2009年9月8日火曜日

今日は米国市場がレイバーデーで休日。
あんまり動かないと思われますが、おっと、ポンドが大きく下げています。

ストップロスを巻き込んでの下落という解説があるだけで
そのきっかけが何なのかは現時点ではイマイチよく解りません。

でも、、、、今週10日イギリスではBOEの金融政策委員会が予定されています。
というわけで、このあたりの記事が臭い。

国債などの買い入れなどで銀行システムにあれほど資金を供給したのに、
そのお金はちっとも市場に流れていないんですってよ。
そこで先月12日のインフレ報告でキング総裁が、マイナス金利に関して
「検討する事は間違い無い」と述べたことが今になって蒸し返され始めているようです。

今イギリスでは市中の銀行に眠っている巨額資金が融資に回されず、
中央銀行の当座預金口座に放置されています。
マイナス金利となれば、そこに置くだけで資金が目減りしてしまいますので
おのずとお金は流れ出します。
マイナス金利とは資金を眠らせている市中銀行に対して、
中央銀行が圧力をかけるといったような措置でしょうか。
今日のポンド売りは、「ひょっとすると今週のBOEで・・・・」
なんて思惑が働いているということかもしれません。
(エコノミストらは否定的な見方をしていると書いてありますが)
他にポンド安の材料なんか出ました?!

雇用統計後の乱高下が落ち着いた後にはジリジリとドル高、クロス円高となりましたが
一転して今日は円高気味な展開。ポンド売りに連れてドル円も下げてきてるのかなぁ。

今晩はアメリカ市場も休場ですし、ここから大きな動きはなさそう。
しかし明日から今月29日くらいまでアストロロジーでは
水星の逆行期にはいるとのことで要注意。
乱高下となりやすく、方向がつかみにくい展開が予想されます。
シナリオが描けない、よくわからないと思う方は、手出し無用かと存じます。
・・・・私もだわ(笑)
9月は日本版HIAで円高なんて記事が8月某日の日経新聞にありましたが
どのくらいの圧力となるのでしょうか。
もろもろ総合するに、9月は大きく戻る局面があったら売りで攻めるのが
正解な気がしています。今日はそういう局面ではないので静観!
おやすみなさい。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

2009年9月7日月曜日


当初の予定は「闇パ」
だいまんさんは、ひっそりやりたかったようなのですが、
どうです、この人人人・・・・
↑(鷹鳩さん、さわやかイケメンさんでした)

ひっそり計画でしたので会場も小さめ。
結果、物凄いことになってますが、盛り上がりましたー。
だいまんさんが身体に鞭打って?!
続けてきたラジオ番組の支援者のお陰です。
だいまんさんの人柄が皆に愛されている事を
改めて実感いたしました。

パーティにはこれまでラジオにご出演いただいた講師陣の皆様はじめ、
ラジオを支えてくださっているリスナーの皆様にお集まりいただいたのですが、
講師の皆様もお忙しい中をスケジュール調整くださいまして
本当にありがとうございました。

番組リスナー=FX個人投資家の皆様。
為替のこととなるともう話が止まりません(笑)

めまぐるしくいろいろな方とお話させていただきましたので
ゆっくり為替談義とは行かなかったのですが、
とても楽しいひとときを過ごさせていただきました。
お話くださいました皆様、ありがとうございました。

カリスマ個人投資家なっちゃんさんは美人で素敵な奥様とご一緒でした。
男性が多かった会場に華を添えてもいただきました、感謝!

有名ブロガーの皆様が早速、パーティ参加のレポートをブログにUPして
下さっています。

有名ブロガー、ランケンさん。きゃーお褒めのお言葉嬉しい!

たけちゃんの司会ぶりがわかる写真が。

飲みすぎ?!確かお仕事が・・・。

ラジオ最新出演者って・・ウケました!一昨日ラジオ出演後飲んだばかり(笑)

他にも記事にしてくださった方、いらっしゃるかしら?!

この後2次会3次会、、、最期はラーメン屋の4次会まで参加くださった皆様、
本当にありがとうございました。皆飲みすぎですよー

そうそう、品川区のカフェ・ロティさんがだいまんさんの顔のパンを焼いて
くださいました。私も豆乳で作ったというパンを頂戴したのですが、
美味し~い!!ふかふかでとっても美味しいパンでした。
ロティのご主人、ありがとうございました。

我らが大将、大倉さんはステージで歌を♪
美声を披露されてました。閉会挨拶のエイエイオー!ってのも
大倉さんらしい演出で最高でした!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

2009年9月5日土曜日

雇用統計の結果受けて、、、、結局水準変わらずってオチ?!

想定外の最も難しい値動きを見せました。
急騰するとか急落するという一方向に大きく動くなら
それ程難しくありません。
逆張りするなり、流れに乗るなりやりようがある。

ところが、上へ下へと乱高下した挙句
結局発表前と同じ水準に戻ってきてしまうなら
何もしないほうがいい。
こんな時(急激に動いている時)
売り買いどちらのポジションを取ってもやられます。
一番嫌な動きですが、よくよく思い返してみると
これが結構「よくあること」だったりします。
ところがこういう動きって事前に予測しないもんなんですよね(笑)

一応結果を記録しておきましょう。
8月の雇用統計NFP予想▲23万人→▲21万6000人。
予想よりいいじゃない!?これは想定外・・・・。
先月があまりに良かったから、今回は悪いんじゃないか、
って予想が多かったですね。
しかしADPはやっぱりアテにならないわねー

しかし。失業率が悪かった。9.7%と7月の9.4%から悪化。
さらに。7月の数字が▲24万7000人から▲27万6000人に下方修正。

玉石混交でマーケットはどっちに反応したらいいのか
迷ったということですね。

おかげさまで私も大火傷を負いました・・・。
そもそもポンド円151.23円ショートを雇用統計まで仕切らず
保有し続けたことが失敗。
発表直前には151.90円台まで上昇していてアゲインスト状態。
雇用統計ショックで逃げられるだろうと思って我慢しちゃったんです。
ところが発表直前(1分前)くらいに大きく崩れました。
これはこのまま下に行くと思って安心してしまったの。
発表直後もさらに下げたかと思ったら今度は猛烈反騰。
ここで一気に152.50円台を突破してしまい、あわてて仕切りました。
152.34円とかいう最悪のコストで。
1円以上やられましたーーーー

ここで仕切らずにもうちょっと我慢すれば、
再びコストまで落ちてきたのに(笑)
たら、れば、のに。禁句は承知ですが、
久しぶりに慌てちゃってとんでもない結果となりました。
やっぱ指標に賭けるようなディールをしちゃいけませんね。
何度反省しても懲りませんが、今夜も反省・・・

今週の閃き撃沈で今は考える力がありません。
おやすみなさい・・・・。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】
人気ブログランキングへ

2009年9月3日木曜日


NY時間に入ってドル建ての金価格が上がってきました。昨日あたりから金だけが堅調な動きを見せ始めています。資金の逃避先として資金が流入してきているのなら、ますます株価の先行きが危ぶまれます。

今日のラジオNIKKEIの番組では、金の先行きなどについてお話伺ってますので、オンデマンド放送を聴いてみてくださいね。タイムリーな内容となっています。



それから今日は大倉さんと一緒にラジオNIKKEIの番組に出演しました。
大倉節炸裂です。やっぱり大倉さんの話は面白いですね♥
是非オンデマンド聞いてみてください。→ラジオNIKKEI「夕焼けマーケッツ」

2009年9月2日水曜日

先ほど8月のADPの全米雇用リポートが出ました。
非農業部門雇用者数は前月比▲29万8000人。
市場予想は▲25万人程度ですので、悪化です。弱い内容となりました。
だったらもっと売られてもいいんだけどなぁ、ダウ平均意外と粘ってます。
やっぱり本番待ちかな?

ADPで悪いのを織り込んじゃうと
週末の雇用統計も悪いこと前提で挑むことになります。
あれ?これ先月と同じパターンだわ。

前回7月のADPのNFP事前予想▲35万人のところ結果▲37万1,000人
雇用統計は事前予想▲32万5000人のところ結果▲24万7000人でした。
これを受けてドル円は3円近い急騰!!クロス円も暴騰しましたよね。
ここで果敢にショートして利益を上げた方もいらっしゃったと思います。
・・・ふふふ。

では今回はどうなる?!
今のところの事前予想平均は▲22.5万人
ADPの結果が▲29万ということですから少し予想が変わるかもしれませんね。
でも先月のADPのアテにならなさ加減には改めて驚かされましたので、
ADP基準で判断しないほうがいいかも(笑)

でも、先月があまりにも大幅に改善されていたことが気になります。
このまま継続していい数字が出るような環境にあるのでしょうか?
普通に考えれば反動で悪い数字が出ることを予想しておいたほうがいい。
現状はリスク回避の動きが鮮明になりつつあり、
ドル円クロス円が下落していますので
このまま市場が雇用統計にむけて悪いほうに織り込むなら、
この流れが加速するものと思われます。
で、雇用統計が思ったほど悪くなくて急転換、、、って感じかな、今回のシナリオ。
これ、私の勝手なシナリオですよ(笑)

昨今の傾向として雇用統計後の高値は絶好の売り場となりやすく、
雇用統計の後は逆張りでトレンドが出やすい。
直後の動きとその後のトレンドが逆に出るということです。
となると、雇用統計後の動きに逆らってポジションメイクするべきなのですが
今回も同じようにいくでしょうか?
そろそろ素直に雇用統計でトレンド形成となるような気が。
これはあくまで「イメージ戦略」ですのでまともに受け取らないでくださいね・・・。
まだこのシナリオに確信があるわけじゃないですし、
直前までの相場動向でシナリオはクルクル変わります(笑)

ダウにもちょっと天井感が漂い始め、昨日あたりはVIX指数も急上昇。
きな臭さが漂いますが、皆が下がる下がると期待すると下がらないのが
今年の特徴ですもの、一筋縄では行かない気も。
昨日ここからダウがH&S形成に動きそうなので下げる!!と閃きましたが
あの後あんなに下がるとは思いませんでした。
その閃きに従うなら9200ドル割れまでは目先狙えることになります。
そうそう、あのルービニ教授が米国経済は2番底をつけに行くだろうと述べたそうよ。

ということで、目先は昨日の閃き維持でもう一段安狙い。
昨日作ったポンド円ショートも継続しようと思います。
狙い通り150円大台割れとなりましたね。
149.01円まで売られました。
ところがそこから150円半ばまで戻るんですもの、、、、
ハラハラします。150円挟んでの攻防となるのかしら。
ダウ平均も9300ドル挟んで揉んでますものね。
・・・・耐えましょう!

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社